VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彼氏に無理矢理レイプ&お仕置きされたい8

310 :里葉:2012/04/30(月) 10:49:50.74 ID:bbf28Ppk0
Sな彼氏募集します


311 :貴裕:2012/04/30(月) 11:11:50.93 ID:Edgkt6aiO
>>310
まだいるかい、里葉。


315 :里葉:2012/04/30(月) 11:23:06.04 ID:bbf28Ppk0
>>314
こんにちは、ご主人様
今見てきました。
伝言気づいてくれてありがとうございます
今もここで募集していたのに、偶然見つけて来てくださったのですね
とても嬉しいです
貴裕さま…淫乱な里葉をたくさん苛めてお仕置きしてください

316 :貴裕:2012/04/30(月) 11:31:37.80 ID:Edgkt6aiO
そう、俺だけの肉奴隷になりたいって言ってるくせに、こんな所で彼氏を探している、我が儘淫乱里葉を見つけたからね。

里葉が誰の所有物なのか、きっちりと、その淫らな身体に教え込んでやるから、覚悟しろよ、里葉。

今から里葉は、俺の可愛い彼女で、従順な肉奴隷だ。

デートの時はどんな服装で俺の部屋に来てくれるんだ?

317 :里葉:2012/04/30(月) 11:40:55.85 ID:bbf28Ppk0
あっ…そ、それは…違うの

許してください、ああっ…奴隷なんてそんな嫌。
ひどいことはしないで
ちゃんと可愛い彼女になりますから

貴裕さんの部屋に行ってもいいんですか?
…えっと…言われた通りの服装で行きます
ミニスカートでもなんでも、言いなりになります

318 :貴裕:2012/04/30(月) 11:57:36.03 ID:Edgkt6aiO
何が違うんだ?
ここで里葉が彼氏を探してたのは事実だろ?

(シックな黒のミニスカワンピにニーソ姿で、初めて俺の部屋に遊びにきた里葉。
浮気願望がばれ、泣きそうな表情を浮かべている里葉の背後に回り込み)
里葉のいう可愛い彼女っていうのは、虐めてくれる男なら誰でもいいって事みたいだな。
(ワンピをはだけさせると、するするとブラを脱ぎとる。
里葉に首輪を嵌めると、両腕を後ろ手に捻り上げ、ワンピの上から胸を強調するようにきつく縛り上げていく)
里葉は、いったい…誰のものなんだ?
里葉が自分の立場が分かるまで…
(里葉の背後から両腕を伸ばし、ワンピの上から縄に絞りだされた大きめの胸を乱暴に揉みしだきながら、強引に唇を奪う)
このまま、ここで監禁してあげようか?
(里葉の口に唾液を流し込みながら、ねっとりと舌を絡ませつつ、縄に絞りだされて張り詰めた里葉の胸の弾力を楽しみながら、ワンピの上から乳首を捏ね回す)

319 :里葉:2012/04/30(月) 12:07:28.65 ID:bbf28Ppk0
あ…彼氏を探していたのは、それは…ごめんなさい…もうしません
虐めてくれるなら誰でもいいっ…て、ちがうの…っう
(言葉を詰まらせ俯いたまま、服をはだけさせられるとビクンと震え
縛り上げられていくのをされるがまま、大人しく立っている)

はっ…里葉は貴裕さんの…彼女です
だから、こんなこと…ひどいことしちゃ…いや

(胸をきつく縛られて、恥ずかしく絞り出された胸を弄られると体を左右に振って逃れようとする)
はあぁっ…んん!んむ!んくっ…い、いやあぁっ…

320 :貴裕:2012/04/30(月) 12:33:59.22 ID:Edgkt6aiO
(首輪を嵌められ、はだけたワンピの上から、華奢な身体を後ろ手にされ、大きめの胸を絞りだすようにきつく縛り上げられた里葉。
背後から乱暴に縄で張り詰めた胸を揉みしだかれながら唇を貪られ、乳首を捏ね回されて、嫌がるように身体を揺さぶる里葉の姿を楽しみながら、
鷲掴みにした里葉の胸を軽く握り潰しつつ、ワンピの上からでも分かるくらいぷっくりし始めた乳首を強く捻る)
何がひどい事なんだ、里葉?Sな彼氏を募集してたくせに、俺に縛られるのは嫌なんだ?
…やっぱり、こんなふしだらな里葉には、可愛い彼女じゃなく…従順な肉奴隷にとして、厳しく飼い馴らす必要があるみたいだな。
(ゆっくりと里菜の身体から離れると、里葉の髪を優しく撫でながら、優しい笑顔を浮かべながらも冷たい口調でささやきかけつつ、ワンピの上から里葉の乳首に洗濯バサミを食い込ませる。
甘い悲鳴をあげて、いやいやと顔をふる里葉のニーソに包まれた細く綺麗な太ももやふくらはぎに縄をかけ、天井から伸びる鎖を、
里葉の上半身や腰、脚に絡みつく縄に繋げ、鎖を引き絞る。
身動きが取れない里葉の身体は、ゆっくりと宙に浮かびあがり、うつ伏せの体勢のまま高々と吊り上げられてしまう)
少しは反省したかい、里葉?
ちゃんと、里葉が、これから俺だけの可愛い肉奴隷になります。って心から言えるまで…
(優しく、そして意地悪な笑顔で里葉の瞳を覗き込みながら、宙吊りにされ、ワンピの上からぎちぎちと縄が食い込む里葉の身体をいとおしむように撫でまわす)
このまま、空中遊泳しながら暮らそうか?
(意地悪な笑顔でささやきかけながら、軽く華奢な里葉の身体を揺らす。
揺れる度に、ワンピの上から乳首に食い込む洗濯バサミがゆらゆら揺れ)

321 :里葉:2012/04/30(月) 12:55:36.60 ID:bbf28Ppk0
(乳房が揉まれ、左右両方の乳首が摘み転がされると、肌が戦慄き、全身が強張る)
ぃ…ぃっ…っうぅっんん
(唇を塞がれたまま、胸を悩ましくくねらせていた)

あぁっ、そ、そんなことっ!待ってっ!いや、いやっ!痛いっ!!!
(悲鳴を上げ、暴れ逃げようとするが縄で縛られている体はどうしようもなく、虚しく宙吊りにされていく)

許して!
下してください…反省しますから
肉奴隷なんて、そんなこと…
(縄が食い込む体…乳首に洗濯ばさみの責めに喘ぎ)
あぁ…いや…

322 :貴裕:2012/04/30(月) 13:14:21.55 ID:Edgkt6aiO
(抵抗もできず、後ろ手にきつく縛り上げられたまま宙吊りにされ、いやいやと顔を振りながら許しを求めてくる里葉。
色白の顔を赤く染め、潤んだ瞳で見つめながら懇願してくるも、肉奴隷になることを躊躇する里葉の瞳を、優しい意地悪な笑顔で覗き込み)
やっぱり、里葉は、俺の肉奴隷になるより、他の男に虐められたいんだな。
…まだまだ、お仕置きが足りないみたいだ。
(宙吊りにされた身体を揺らされる度に、ワンピ越しに、華奢な身体に縄が食い込み、甘い吐息をもらす里葉の姿を楽しみながら、乳首に食い込む洗濯バサミをくいくいと無造作に捻り、里葉に小さな悲鳴を出させる)
ほら、今日は、どんな男に…
(ワンピの中に手を潜り込ませ、下着の上から割れ目を撫で擦りながら)
淫乱里葉のここを、どんな風に楽しんでもらおうと思ってたんだ?

(意地悪な口調でささやきかけながら、わざと里葉の視界に入るように電マを取り出し)
正直に言わないと…
(電マのスイッチを入れ、下着の上から無造作に里葉の割れ目に押しあてる)
里葉が壊れるまで、このまま里葉の可愛い鳴き声、楽しませてもらうからな。
(ゆっくり、ゆっくりと、下着の上から里葉の割れ目をマッサージするように電マを擦り動かしていく。
拘束されたまま宙吊りにされた華奢な身体をくねらせ、甘い声をあげる里葉の姿を楽しそうに眺めながら、ときおり電マを下着越しにクリに押しあて、ゆっくりと押し潰していく)

323 :里葉:2012/04/30(月) 13:27:40.90 ID:bbf28Ppk0
……っ!
(洗濯ばさみに挟まれた乳首を捻られると、顔が歪む。)
ん…っ…

(ギュッと結んだ瑞々しい唇が、微妙に震えてきて、唇が開いて熱い吐息が、微かに漏れだす)
そ…そんなことっ…他の男になんて興味ありません
(自分から、肉奴隷という言葉で求めることなど…
それも、犯されることを望みせがむことなど、できるわけがない)

そんな…っ…ひあううっ!
(電マを見せられて体が怯えて、貴裕の手が股間に触れると、不意に電撃が股間に弾ける)
んううぅ!…っ…いやああぁっ!
…いや…いやっ…そんなこと、しないでっ……だめ…

(その瞬間、強い電流を全身に感じて、背中を弓なりにして悲鳴を上げる)

324 :貴裕:2012/04/30(月) 13:50:15.50 ID:Edgkt6aiO
(恥じらいを残し、肉奴隷という言葉にいやいやと顔を振る里葉を内心いとおしく思いながらも、優しく意地悪な表情て里葉の瞳を覗き込みながら)
何で、他の男に興味がないのに、こんな所にいたんだ、里葉?
本当に反省しているのなら、そろそろ…正直になってごらん。
(きつく後ろ手に縛り上げられたまま宙吊りにされた里葉の割れ目に、下着の上から電マを押しあてると、スイッチを入れる。
甘い悲鳴をあげ、宙吊りのまま、華奢な身体を弓なりに仰け反らせる里葉。
言葉をつむぐ事もできず、ワンピの上から華奢な身体にぎちぎち縄を食い込ませながら、甘い悲鳴をあげつつ身をよじらせる里葉の姿を冷たい笑顔を浮かべて眺めながら)
本当の里葉は、こんな風に虐められて玩具にされるのが大好きな変態なんだ。
ちゃんと、これから里葉が俺だけの可愛い肉奴隷として生きていきます。
って、心から誓わないと…
(色白の顔を真っ赤に染めて、割れ目に押しあてられた電マの刺激に可愛い鳴き声をあげる里葉をいたぶるように、下着の上から電マをゆっくり、ゆっくりと割れ目に沿って動かし)
朝まで、このままイキ狂わせちゃうからね。
(クリに電マを押しあて、一際高い悲鳴をあげる里葉を意地悪な笑顔で眺めながら、乳首に食い込む洗濯バサミを強く捻り)
早く、俺が納得するようにお願いしないと…里葉が壊れちゃうかもしれないな

325 :里葉:2012/04/30(月) 14:01:30.08 ID:bbf28Ppk0
(無慈悲な機械の振動に翻弄され始めると、拘束された身体全体をよじって、その責めから逃れようとする)
あぁ…いや…
ご主人様の責めが忘れられず、体の疼きを抑えることができませんでした…
ごめんなさい
彼氏募集なんてもうしません

(電マをあてられた股間は、内側から溢れ出す蜜で、下着をぐっしょりと濡らしていた)
いやっ、いやあぁっ!…
(羞恥心に頬を紅潮させる)
お願い…もうやめて、だめぇ

(股間の頂は固く尖って敏感になり、電マの攻撃で思考が淫らに染まっていく)
ごめんなさい、反省します
だから許してください…肉…奴隷なんて…そんなの恥ずかしくてあぁぁ
あっ! あっ! いやっ! あああああっ!

(ゆっくりと割れ目に動かされる電マの細かな振動…敏感なクリに押し当てられると大きく反応してしまう)
ひいいいっ、いいいいいんっ! いいっ!

貴裕…さんっ
(快楽に瞳を潤ませ、腰をクネリ続ける)

326 :貴裕:2012/04/30(月) 14:18:59.10 ID:Edgkt6aiO
(電マの刺激に甘い悲鳴をあげつつも、肉奴隷という言葉に恥じらいを見せる里葉。
クリに電マを押しあてられ、あまりの刺激に逃れるように宙吊りにされた華奢な身体をくねらせながらも、必死に助けを求めるように俺の名を口にする里葉にいとおしさが募る)
本当に反省しているようには見えないな、里葉?
それじゃ、今度、このはしたない身体が…
(下着の上から更に強く電マを里葉のクリに押しあてながら、ゆっくりと宙吊りの里葉の脚を広げさせ、脚の間に回り込む)
刺激を求めて疼いたら…どうするんだ?
(ゆっくりと電マを里葉の股間から離すと、下着の中に指を潜り込ませ、わざとクチュクチュ音をたてて割れ目を掻き回しつつ、下着を引きちぎる。
あらわになった里葉の割れ目に、いきり立ったペニスの先端をあてがい、膣口をまさぐると)
こんな淫らではしたない里葉の身体が誰の所有物なのか…しっかりと刻み込んでやるからな。
(無造作に腰を突き出し、宙吊りの里葉を一気に根元までいきり立ったペニスで貫いていく)

327 :里葉:2012/04/30(月) 14:44:46.36 ID:bbf28Ppk0
(固く尖ったクリトリスに電マが当たるたび腰が跳ねる。そして集中攻撃で泣き叫びをあげていく)
ひいいいっ、いいいいいんっ! あぐうんっ!
だめぇ…いいっ…いくっ

(宙吊りで身動きできないまま、さらに脚を広げられていくと、紅潮させた頬を左右に振って)
…こ、こんなことっ!…やめ、やめてっ
い、いやっ…くぅんっ!…あぁっ!
刺激を求めて疼いたら…ごめんなさい、もうしません
反省…してます!ちゃんとしてますから…ゆるしてぇ

(下着の中の敏感な処を指が這うと、クチュクチュと恥ずかしい音が鳴り響き羞恥に震えて、
一層、声が高くなり腰が大きく跳ねる)
んうぅ!…・っ…んっ…
いやぁああああ
(脚を広げられたそこにペニスの先端があたると、私の喉元がコクリと動いた)
はうっ、はうっ、はあっ!
淫らではしたない…里葉の体…ちがっ、違う
あっ…くっ…あぁあっ
(何も答えられず、ご主人様のその男根は、里葉をいっぱいに押し広げ、
根元まで完全に侵入を果たし…ペニスを埋め込まれ、悶え喘ぐ)

んぅっっ!…つ貴裕さんの所有物にして…くださいっっ…んっ!…
(絞り出すような高い声が部屋に響く)

328 :貴裕:2012/04/30(月) 15:06:51.32 ID:Edgkt6aiO
(きつく後ろ手に縛り上げたまま、宙吊りに吊り上げた里葉の脚を広げさせ、いやらしい蜜が溢れだした膣を、いきり立ったペニスで一気に貫いていく。
身動きがとれないまま、電マでさんざんになぶられた里葉の膣中はとろけるように熱く、いきり立ったペニスでぎちぎちに押し広げながら貫かれると、ヒクヒク痙攣するように締め付けてくる。
絞りだすような甘い吐息をもらしながら、俺の所有物になりたいと懇願してくる里葉の姿に興奮し、里葉の膣中て更にペニスが膨張する。
ワンピの上から後ろ手に縛り上げられたまま宙吊りにされた里葉の身体をゆっくり前後に揺らしながら、里葉の揺れに合わせてゆっくりと腰を動かす。
華奢な里葉の身体を深々と貫いたペニスが、里葉が揺らされるたびにグチュッグチュッと音をたてて、ゆっくり、何度も里葉の奥深くまで飲み込まれ)
ん、この、里葉の淫らではしたない身体だけが、俺の所有物なんだな?
(ゆっくりと腰を動かしながら、ワンピを捲りあげ、里葉の白いお尻を軽く叩く)
つまり…里葉の心は、俺のものじゃないって事だ。
…まだ自分の立場が分かってないみたいだな、里葉?
(腰の動きを徐々に早めながら、里葉のお尻を激しく叩き始める。
甘い悲鳴をあげながら、俺の腰の動きに合わせて宙吊りのままゆらゆら揺れる里葉。
白いお尻が何度も叩かれて真っ赤になった頃、無造作にリードを引き、里葉を深々と貫いたまま、華奢な里葉の身体を引き寄せる)
里葉はもう、俺の所有物なんだ。
里葉の心も身体も…里葉の全ては、俺の支配下なんだ。
分かったかい、里葉?
(耳元で優しくささやきかけると、いきなりはげしく腰を突き上げる)

329 :里葉:2012/04/30(月) 15:24:49.44 ID:bbf28Ppk0
(両脚を広げられ、その中心で貴裕の太い怒張が、濡れたあそこに埋め込まれている…
眉をひそめ、半開きの紅い唇を震わせた)
そ、そんなこと…っ…ん、んうっ…あ、あぁ…っ…ソ、ソコはっ…ああぁ…っ!
(1回1回、力強く打ち込む貴裕身体を受けとめる度に、私の身体は、大きく前に揺れる)
はあ…ぁんっ…んんぅっ!あぁ…あっ!ぅんっ…あっ

(引き抜かれては、何度も深々と貫いてくる男根の存在感は、圧倒的で…
自分の身体が、貴裕に支配され屈服させられようとしていることを、体で思い知らされていく…)

いやっ…あんっ痛いっ!!いた、いたっ…いや…やめて
(お尻の痛みから逃れようとするが吊るされた体を退くことを許されず
さらに首輪のリードを引かれながら怒張に激しく突き上げられると、叩かれる痛みが快感へと変わり)

んああぁ…っ…い、い…奥までくるっ…いやっ…はあああぁ…っ
(グチャグチャと水音を響かせる秘部は、深々とねじ込まれた男根を離すまいとして、
キュッとペニス締め付けてしまう)
あっ…あああぁっ!やあっ!!ご主人様…わかりました
心も体も貴裕さまのものです…ん、んっ…あっ!た、貴裕…さまっ!

330 :貴裕:2012/04/30(月) 15:45:27.62 ID:Edgkt6aiO
(きつく縛り上げられ、宙吊りにされた身体を揺さぶるようにいきり立ったペニスに貫かれながらお尻を叩かれる度に、とろけるように熱い膣をキュッと締め付けながら、痛いと訴えながらも甘い悲鳴をもらす里葉。
更に、首輪のリードを強引に引き寄せられ、白い首に首輪を食い込ませながらも、深々と奥まで貫かれ、苦し気ながらも、とろけた表情を見せる里葉の姿に興奮し、いきり立ったペニスは限界まで膨張して里葉の膣中を押し広げる。
強引に引き寄せられた華奢な身体を乱暴に突き上げられ、甲高い悲鳴をあげながらも、ついに、身体だけではなく自らの全てが俺の所有物だと認めた里葉。
グイッグイッと腰を大きく突き上げながら、里葉の背後から両手を伸ばし、ワンピの上からきつく縄に絞りだされた胸を鷲掴みにして揉みしだく)
そうだ、里葉…
お前の心も身体も、お前の存在全部が、俺のものなんだ。
これから、ゆっくりと…里葉を俺好みの可愛い肉奴隷に飼い馴らしてやるからな…
(里葉の耳元で優しくささやきかけると、唇を奪い、むさぼるように舌を絡めながら、腰を大きく突き上げつつ、柔らかく胸を揉みしだく)
ほら、そろそろ…里葉が俺のものになった証に…お前の中に出してやるからな。
可愛い肉奴隷らしく、可愛い声で鳴きながら受けとめるんだぞ。
(縄に絞りだされた里葉の胸を握り潰すように乱暴に揉みしだきながら、華奢な里葉の身体を壊すように激しく腰を突き上げていく)

331 :里葉:2012/04/30(月) 16:03:31.19 ID:bbf28Ppk0
(胸を揉まれ、敏感な乳首がさらに硬く立ち上がって、絶頂の近さを訴えるように、切羽詰まった声を上げた)
もう
許して!お願いっ…だ…だめえぇっ!
(耳元で優しく囁く貴裕にうっとりして、唇を奪触れる)
あ、あああぁっ、んむうぅぅ!…うん…ん!
(乱れた息を吐く唇を難なく割り、舌が中に滑り込んで絡みつく)
はあぁっ…んん!んむ!んくっ…い、いやあぁっ…あぁむっ!

(開かれた脚の中心で秘部を犯し続けられ、胸を摘まれ、舌を絡ませられてビクビクヒと体を痙攣させている)
…ああぁ…凄いっ…
(子宮まで届きそうな勢いで、興奮と快感に荒ぶる男根が力強く打ちこめられる)
くっ、んああぁっ!だめっ…そんなに激しくっ…やあっ!あ、ああっ!

332 :貴裕:2012/04/30(月) 16:17:47.97 ID:Edgkt6aiO
(言葉では嫌と言いながらも、なすがままに唇を奪われ、きつく縛り上げられた華奢な身体を痙攣させて、甘い鳴き声をあげる里葉。
色白の顔を真っ赤に染めて、肉奴隷の表情を浮かべながら、激しく突き上げられる度にとろけきった膣を締め付けてくる)
俺に存在全てを支配されるのがそんなに嬉しいのか、里葉。
こんな可愛い肉奴隷…大切に飼い馴らしてやるから、感謝するんだぞ。
(優しく意地悪にささやきかけると、腰の動きを早めだす。
長い綺麗な髪を振り乱しながら、甘い鳴き声をあげる里葉の、縄に絞りだされて張り詰めた大きな胸を力任せに握り潰しながら、ぷっくり膨らんだ乳首に食い込む洗濯バサミを、乳首がねじ切れそうになるまでひねりあげる。
里葉の甲高い悲鳴を楽しみながら、華奢な里葉の身体が壊れるような勢いで突き上げていく。
洗濯バサミの刺激に、とろけきった膣がきつく締め付けて興奮が絶頂に達し、里葉を突き破るくらい激しく腰を突き上げたかと思うと、里葉の膣奥に濃く熱い大量の精液を流し込む)

333 :里葉:2012/04/30(月) 16:33:44.80 ID:bbf28Ppk0
…どうしてこんなに…っ……私っ…どこまで、おかしくなってしまうのっ…
そんなにっ!くあああぁぁっ!激しく動かないでっ、やあぁああぁっ!
(宙吊りにされた体はご主人様の腰がグラインドするたびに、貫かれたペニスがぐるぐるとうねる…)

(内部が掻き回され、最奥まで壁が強く擦りあげられる快楽に悶え溺れる)
…く、くうぅ…ん…こんなのっ…凄すぎて…っ…だめっ…
もう、許してください…あ、ああん…っ

(頭の中が白くなっていく…)
(洗濯ばさみで乳首が切れそうになるくらいの痛みを与えられながら、
体内に射精される快感と、被虐の悦びで絶頂へと昇りつめる、)
あ…あぁ…うぅ…んっ!

(全身を硬直させ、一気に昇り詰めた)

334 :貴裕:2012/04/30(月) 16:57:23.83 ID:Edgkt6aiO
(うわごとのように許しを求めながらも、可愛い鳴き声をあげて上り詰めていく里葉。
後ろ手にきつく縛り上げられ、宙吊りにされた華奢な身体の奥深くに、俺の大量の精液を流し込まれ、華奢な身体を仰け反らせて縄を食い込ませながら達してしまう。
半分失神状態で、甘えるように、自由が奪われた身体を預けてくる里葉を優しくギュッと抱き締めながら、里葉の全てが自分のものになった余韻を楽しむ。
ワンピの上からきつく縄をかけられた里葉の身体を優しく撫でていると、里葉の膣中で、まだ充分に硬いペニスが、再び大きくなり始める。
軽く身体を動かすたびに、里葉の割れ目がクチュクチュ音をたて、甘えるようにもたれかかってくる里葉が小さく甘い吐息をもらすのを楽しみながら、里葉の身体から鎖を解き放つ。
里葉を貫いたまま、優しく、しっかりと、後ろ手にきつく縛り上げたままの里葉の身体を抱き上げ、ゆっくりとベッドに座る。
里葉の乳首から、そっと洗濯バサミを取ってあげると、ようやく意識を取り戻し、とろんとした表情で潤んだ瞳で見上げてくる里葉に優しく微笑みかけ)
俺に虐められて、泣きながら感じてる里葉、本当に可愛いかったよ。
これで里葉は…これからずっと、俺の可愛い彼女で…エッチな肉奴隷だからな。
(優しくからかうようにささやきかけると、ゆっくりと唇を奪い、里葉の舌をいとおしむように何度も甘噛しながら、縄に絞りだされたままの里葉の大きめの胸を優しく撫でる)
でも、今度浮気しようとしたら…里葉の事、本当に壊しちゃうからな。

さ、そろそろ、約束どおり、デートに出かけようか?
里葉のお気に入りの服、買ってあげないといけないしね。
(言葉とは裏腹に、里葉を貫くペニスを軽く動かしながら)
今日は、里葉、泊まってくんだろ?
一緒にお風呂入って…こんな風にゆっくりイチャイチャしようかw
(優しくからかうような笑顔でささやきかける)



(長時間本当にありがとう。めっちゃ楽しかったです。
里葉さんにも、楽しんで貰えたかな…一人よがりになってないか心配です。

里葉、本当に、俺の彼女になってもらえないかな)

335 :里葉:2012/04/30(月) 17:23:44.34 ID:bbf28Ppk0
(宙吊りにされたまま射精された快楽に気を失いかけ、吊るされた鎖を解かれると
ご主人様の腕の中に優しく包み込まれる)
はぁ…はぁ…
(後ろ手に拘束されたまま抱きかかえられ、ご主人様の笑顔を見て安心する)
あぁ…私のご主人様…私だけの貴裕さま…

(たった今その欲望を私の体内に注ぎ込んだばかりだというのに、
貴裕の男根は、もうその硬さと大きさを取り戻している)

(そのペニスを体内に貫いたままベッドへ移動する)
あ…ああっ!むっ…んっ、ううんっ!
(一度欲望を満足させた、貴裕の腰遣いは執拗に過ぎる責めとなってクチュクチュと音を立てる)

あっ!あああぁんっ!もう…だめぇ
(洗濯ばさみを外してもらうと、甘えたような笑みを浮かべてご主人様にもたれかかる)
もぅ…そんなに動かさないでっ…あぁっ…んっ
可愛かったですか?…ありがとうございます
…だって、貴裕さま…すごくエッチでとても素敵でした
(ご主人様から受けた責めを思い出し顔を赤くして…唇を重ねると胸を撫でられながら舌を絡め合う)

約束通りデートに出かけるの?は、はやく…この手の拘束を…ぁぁっ
あんっ……ん、くっ…はっ、あぁ…っいじわるっ…
もぅ…貴裕さま…あんっ…また感じちゃう

(こちらこそ長時間とても楽しかったです。本当に心も体も気持ちよく楽しめました
いつお会いできるかはわかりませんが、それでもよかったら貴裕さまの彼女としてお会いできたら嬉しいです)

336 :貴裕:2012/04/30(月) 17:45:22.57 ID:Edgkt6aiO
(俺に深々と貫かれたまま、俺の膝の上に座り、可愛く甘えてくる里葉。
イッたばかりの身体を撫でまわされながら、ゆっくりと腰を動かされ、甘い吐息をもらしながら、早くデートに行きたいとおねだりしつつ、後ろ手にきつく縛り上げられた身体をくねらせる。
これから、ゆっくり、じっくりと、この可愛い彼女を飼い馴らしていこうか…
ゆっくりと、里葉の身体から縄をとくと、からかうような口調で)
ほら、いつまで気持ちよさそうな鳴き声出してるんだ、里葉?
早く準備しないと…デートの時、リモコンバイブ入れちゃうからなw
(里葉が立ち上がろうとすると、軽く腰を突き上げて、里葉の甘い悲鳴を楽しむ)



337 :里葉:2012/04/30(月) 18:01:48.63 ID:bbf28Ppk0
イッたばかりなのに…あっ…あああぁっ!やあっ!!ん、んっ…あっ!
(後ろ手の拘束を解かれても、貴裕の膝の上で、秘部の中心にそれは突き立てられており
時折からかうように、腰を動かされると体がビクビクヒと反応してしまう)

あ、あああぁっ、んむうぅぅ!もうこれ以上はだめえ…
いやんっ…リモコンバイブやだぁ…
(次回はどんな責めを受けるのかと、淫らな期待に胸を膨らませペニスをキュッキュッと締め付ける)

2chまとめランキング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/05/11 00:55 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【彼氏に無理矢理レイプ
310 :里葉:2012/04/30(月) 10:49:50.74 ID:bbf28Ppk0 Sな彼氏募集します311 :貴裕:2012/04/30(月) 11:11:50.93 ID:Edgkt6aiO
[2012/05/11 23:59] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。