VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファンタジーの世界観でスレH Lv119

126 :♀:2012/05/03(木) 15:08:32.73 ID:n/QTuLXT0
神主♂と使い魔♀の和風ファンタジーシチュでお相手募集します
こちらがちょっかいを出すがすぐに逆転されお仕置きされる…
擬人化した狐の使い魔をイメージしてます
愛ありでちょっと苛めて欲しいです
NGはショタロリグロ大スカ短文
できればパソコンの方だと嬉しいです


127 :♂:2012/05/03(木) 15:13:00.60 ID:WpnPHZlg0
>>126
難しそうなシチュなので技量が伴うかは怪しいですが
お相手お願いしてもいいですか?

128 :♀:2012/05/03(木) 15:16:48.18 ID:n/QTuLXT0
是非お願いします
キャラはやりやすいように変えてもらっても大丈夫ですよ
希望やNGがあれば教えて下さい

129 :♂:2012/05/03(木) 15:20:18.83 ID:WpnPHZlg0
了解です
希望はこれといってないんですが
NGは♀さんと似たような感じでしょうか

キャラは少し考えさせてください
♀さんのイメージも教えていただけると

130 :♀:2012/05/03(木) 15:26:57.76 ID:n/QTuLXT0
了解です

こちらのイメージはあなたの使い魔の妖孤
ふさふさの狐耳と尻尾、見るからに重たそうな着物を重ねてきています
シチュとしてはいつも小馬鹿にしているこちらが貴方にちょっかいを出すが
逆転されてしまい好き勝手される…みたいなのを想像しています

131 :名無し@メアド公開チャット誘導厳禁:2012/05/03(木) 15:31:40.11 ID:WpnPHZlg0
眼鏡をかけた痩身の優男のイメージで
(あくまでもイメージですw)
身長は平均より僅かに高く
体躯の割には思ったより筋肉があるなど
(あくまでも、以下略)

流れに、イメージについては了解しました
こちらは上記のような設定がいいかなと
勿論、変更可能ですので要望があればお願いします
厚かましいですが、書き出し頼んでもいいですか?


137 :♀:2012/05/03(木) 15:39:16.01 ID:n/QTuLXT0
>>136
こんにちは
よろしくお願いします!
キャラやシチュは>>130をイメージしています

そちらの希望NG設定など教えて下さい

138 :名無し@メアド公開チャット誘導厳禁:2012/05/03(木) 15:46:09.72 ID:lDhHuDHr0
こんにちは
よろしくお願いします

NGはグロスカです
えと、ロリはNGとのことですが、自分がロリ役できないよって意味で合ってますか?

139 :♀:2012/05/03(木) 15:48:39.64 ID:n/QTuLXT0
ロリは苦手です、すいません


140 :♀:2012/05/03(木) 15:49:38.44 ID:n/QTuLXT0
すいません、日本語おかしいですね;
ロリ役は苦手で、ショタを相手するのも苦手って意味です

141 :名無し@メアド公開チャット誘導厳禁:2012/05/03(木) 15:52:27.04 ID:lDhHuDHr0
オッケーです
じゃあ、中身は悪戯っ子で見た目は清楚なお姉さんという設定でお願いできますか?

こちらの容姿に対する希望も聞かせて下さい
よほど特殊でなければ希望通りにしますので

142 :♀:2012/05/03(木) 15:55:05.69 ID:n/QTuLXT0
了解です
容姿や性格等はおまかせしますよ
希望はなにかありますか?
レス頂いたらかきだしますね


143 :名無し@メアド公開チャット誘導厳禁:2012/05/03(木) 15:59:35.94 ID:lDhHuDHr0
では誠実そうに見えて隠れSな青年神主でお相手します
年は20ぐらいかな
使い魔さんの方が年上に見える感じだと萌えます

希望は…潮吹きとかあったら嬉しいですが、細かいことはお任せします
よろしくお願いします

144 :睡蓮:2012/05/03(木) 16:08:11.24 ID:n/QTuLXT0
ふーむ…
退屈だ、その一言に尽きる
(夏を感じさせるような緑を感じさせる庭園を眺めながら
縁側で足をぷらぷらさせている
黒い髪が風にたなびくと、ふさふさした尻尾が揺れて
おやつの甘味も食べ終わってしまい)

【了解です
よろしくお願いします】

145 :御堂:2012/05/03(木) 16:18:08.11 ID:lDhHuDHr0

…睡蓮よ

(睡蓮の背中に、若い男の声が掛かった)
(縁側の奥側に位置する和室で何やら作業をしている青年が、声の主である)
(少し伸びた黒髪の奥から細い目をのぞかせ、訝しげな視線を睡蓮へと向けていて)

時間を持て余しているのなら、墨を擦る手伝いをしてくれないか

(その口調は気だるげだ)
(言ってもどうせ無駄だろうな、という内心が滲んでいる)

【文量はこのぐらいで大丈夫でしょうか?】
【希望に合わせますので、よろしくお願いします】

146 :睡蓮:2012/05/03(木) 16:22:17.92 ID:n/QTuLXT0
おお、坊
いいところに来た
丁度よい、何かやって見せよ
(声の主の方へ振り返り、その態度は使い魔というには程遠く横暴で
まだ主と認めたわけではないのか、呼び名に子供という意味を含め
大人びた風貌とは反対に見つめる表情はそこらの悪餓鬼のような印象を受ける)

ふむ、擦ったその墨で部屋に落書きしろと?
(ふわりと立ち上がると何枚を重ね着た着物が風に揺れ
にやにやという言葉がぴったりな笑顔で歩みよる)

【それくらいか、もう少し長くても大丈夫です
よろしくお願いしますね】

147 :御堂:2012/05/03(木) 16:32:15.85 ID:lDhHuDHr0

…『坊』はやめろと、いつも言っているだろう
己れはもうそんな年ではない

(そう言いつつも、やはりそこに熱意はなく、むしろ諦観が伺える有様で)
(結局は言っても無駄だろうと思い込んでいる青年であった)

…で、だ
退屈凌ぎに手伝いを頼もうと思ったん…だ…が…おいやめてくれ
部屋を汚されるのは非常に困る

(手に持っていた墨擦り道具をさっと体の後ろに隠し)
(不吉な予感を感じさせる笑顔の接近に合わせてじりじりと後退していく)
(しかし、すぐに壁際に追い込まれ、身動きが取れなくなってしまい)

…っ

(己の浅はかさを呪うように、表情を小さく歪めた)

【了解しました】

148 :睡蓮:2012/05/03(木) 16:39:17.02 ID:n/QTuLXT0
私に比べればまだまだ赤子のようなものだ
なあ、坊?
(じりじりと歩み寄り満面の笑みを浮かべて壁際に追い込む
楽しそうに尻尾は左右に揺れており玩具を見つけたような)

…そうだ、気が変わった
坊、早くその墨を机に置け
落としてもいいなら別だがな
(ふと悪戯を思いついたのかふさふさの耳を立たせ
一声忠告してやるとそのまま唇を塞ぎ無理矢理舌をねじ込む)

んん…ふぅ…ちゅ…
はぁ…先程子供ではないと言ったなぁ、坊
(主は家業に追われろくに女遊びをしていないことを知っており
いたずら半分でそのまま押し倒してやると、目を細めて笑う)

149 :御堂:2012/05/03(木) 16:50:00.32 ID:lDhHuDHr0

…っ、妖狐と比較されても納得がいかん

(まずい、逃げる方向を間違えた…そんな後悔に苛まれる)
(逃げ道を探ろうと左右に視線を走らせるが…)
(「気が変わった」という発言に気を取られ、思わず睡蓮の方を向いた)

何をする気だ…っ、ん!?

(突然、舌を捩じ込まれ)
(それに驚いた青年は思わず道具を落としてしまう)
(そして床に散らしてしまった道具に気を取られているうちに、一気に押し倒されてしまい)

く、はっ…
この、色情塗れの妖狐めが…!

(唇を右の手首で隠しながら、左手で睡蓮を押しのけようとする)
(しかし利き腕でないことや動揺など、様々な要素が意図を実現させてくれない)

飼い主をあまり馬鹿にするなよ…!

(強気に言いつつも、頬はやや紅潮していて)

150 :睡蓮:2012/05/03(木) 16:59:53.22 ID:n/QTuLXT0
ふふ、やはり坊ではないか…
なあに、ほんの戯れではないか
いつも忙しそうに駆け回っている坊を思ってこそなのだが
感謝してほしいくらいだ、あ・る・じ・さ・ま?
(思った通りの反応に嬉々としてするりと頬を撫でて
そのまま袴の前を肌蹴させる
わざとらしくゆっくりと名前を呼ぶと首を傾げて見せ
その表情は先程とは違う艶色を含んだもので)

さて、坊の筆おろしの続きを、と…
…なんだ、しっかりと反応しておるではないか
(てきぱきと服を乱れさせて行き反応しかけの性器に
そっと唇を寄せて)

【最初はがっつり攻めて一度いかせた後に逆転という感じでいいですか?】

151 :御堂:2012/05/03(木) 17:08:26.02 ID:lDhHuDHr0

余計なお世話だッ
――と、おい!あまり調子に…の、る…

(かろうじて保っていた威勢も、
袴をはだけさせられる段階になるとしぼんでいってしまう)
(雌の表情を間近で見せ付けられたことで、思わず心音が高まり)

まさか、本気で事に及ぶつもりなのか…睡蓮…

(そして、男根に唇が触れた途端、その甘い感覚に小さく声を漏らす)


【はい、好みの展開なので問題無いですよ】

152 :睡蓮:2012/05/03(木) 17:13:51.14 ID:n/QTuLXT0
うむ、一時期坊は男色の気があるのかと心配もしたが
杞憂だったようだな…んん…ちゅう…
(硬く勃起した性器に丁寧に舌を滑らせ、ざらざらとした舌の表面が刺激していく
何度も焦らし、そろそろかというところで唇を離して)

…おっと、独りで楽しむな
…んん…くぅっ…はぁ…
…興奮しているのか?坊…
(着物の帯を解くと前が開かれて、白い肌とふっくらとした胸が露わになり
既に蜜で濡れている秘部に自らの細い指をゆっくりと挿れて拡げるように
ゆっくりと動かして、感じているのか甘い声を小さく漏らす
指を引き抜くと蜜が糸を引き、上に乗ると秘部に性器をあてがい先端だけ埋め
相手の表情をうかがいながら)

【少し長くなってしましました、すいません】

153 :御堂:2012/05/03(木) 17:26:25.02 ID:lDhHuDHr0

う…くっ、ァ…!

(睡蓮の舌が裏筋を滑る度、男根がぴくりと反応してしまう)
(邪念を払い快楽へ抵抗しようと歯を食いしばるが、)
(それも淫靡な舌技の前では無意味なようで、ただただ焦らされるがままであった)

(ねっとりとした熱い感覚がなくなると、堪えていた息を吐き出して)
(一瞬だけ、切なげな表情を浮かべてしまう)

…興奮など、して、な……!

(息は荒く、鼓動は早鐘を打っていて)
(否定の言葉は力を持たず)
(性器を自ら弄ぶ睡蓮に、視線は釘付けになってしまう)
(喉を鳴らして唾を飲み下せば、その音は熱のこもった脳内に厭に響いて)

(先端だけがつながった状態になると、
発情しているのが丸分かりな表情で、睡蓮を無言で見つめ返す)

154 :睡蓮:2012/05/03(木) 17:31:47.82 ID:n/QTuLXT0
ふふ、愛らしい顔をして…
んん…はぁ…あっ…!
(満足げに笑みを浮かべるとゆっくりと腰を下ろしていき
根元まで咥え込むとぴくぴくと耳を震わせて久々の刺激に震える)

んん…坊…好きな時に気をやるがいい…
はっ…くっ…んん…
(厭らしい音を立てながら腰を動かし、時にはグラインドさせて
腰を揺らすたびに胸がたゆんと同じように揺れる
声を押し殺しながら主を責め立て膣内を締め付けて)

155 :御堂:2012/05/03(木) 17:40:35.28 ID:lDhHuDHr0
は、ぁ…っ、つぅ…!
まさか、こんな…ことが…

(なし崩し的に使い魔と交わってしまった…)
(背徳の念が心に満ちて、それが余計に性器を滾らせる)

すい、れん…っ!

(情欲が理性を覆い隠して)
(名を呼んだ雌の、細い腰を両手でつかみ、本能のままに突き上げる)
(だが経験の浅さ故に上手くピストンのリズムが合致せず、結局は睡蓮のペースに呑まれてしまう)
(熱い膣壁に扱き上げられる感覚が数分も続けば、青年は早くも限界を迎え)

まず、い…出る…ッ!

(目を固く閉じ、果てた)
(精液が勢い良く迸り、睡蓮の中を満たしていく)

156 :睡蓮:2012/05/03(木) 17:47:25.83 ID:n/QTuLXT0
はぁ…あっ…!
…何に気を病んでいる?皆同じよ、秘め事にしているだけのこと
それにしても…よほど溜まっていたのか…
それともそんなによかったのか?坊…
(勢いよく迸る精液に身体を震わせ感じてしまうが
すぐに普段のように冷静さを保ち、相手をおちょくるような声色で)

157 :御堂:2012/05/03(木) 17:57:03.11 ID:lDhHuDHr0
そう…なのだろうか…

(余韻に浸ったまま、ぽつりとつぶやく)
(理論的な思考が不可能なほどに、心身が蕩けてしまっていた)

…っ、想像、以上だった…

(本音が口を衝いて出てしまった)
(しかしすぐにハッとした表情になり、上半身だけで勢い良く起き上がる)

(秘部は未だに結合したまま)
(両手は睡蓮の両肩を掴み、竦ませるような鋭さの視線を真っ直ぐに向けて)
(もしその視線に睡蓮が一瞬でも怯めば、そのまま一気に押し倒す)

158 :睡蓮:2012/05/03(木) 18:03:14.39 ID:n/QTuLXT0
っ…
…どうした、坊
まだ足りぬのか?さすがに若いだけはある
(自分を初めて召喚した時のようなそんな鋭い視線にひるみ
体勢が逆転してしまうが、いつものように主をからかって
煽るように腰をくねらせてやる)

んっ…
(膣内にとどまったままの性器は硬さを失っておらず
少し動くだけで擦れ、小さく声が漏れてしまい)

159 :御堂:2012/05/03(木) 18:11:13.44 ID:lDhHuDHr0

…茶化されたまま終われるほど、安い神経を持ち合わせていなくてな

(そう語る青年の目は、先ほどとはまるで別人のようで)
(気概と支配欲が渦巻く雄の瞳が爛々と輝いている)

………

(青年は無言のままゆっくりと腰を前後させ始めた)

(それだけには留まらず)
(顔をふっくらとした胸に埋め、舌先で焦らすように、チロチロと、桃色の乳輪をなぞり)
(また、左手では、狐耳を触れるか触れないかの加減で優しく愛撫する)

160 :睡蓮:2012/05/03(木) 18:17:10.73 ID:n/QTuLXT0
坊…?
あっ…く…んん…
はぁ…生温いな、ぼ…んん…!
ぁ…耳は…
(主の瞳の色が変わるとぞくんっ期待と戸惑いが身体をめぐり
口でからかってやろうと試みるが、性感帯を一気にせめられると
言葉が途切れて代わりに鼻にかかった声が漏れる)
(前の主に徹底的に仕込まれたせいで自らが下になると
されるがままになってしまい)

161 :御堂:2012/05/03(木) 18:23:48.31 ID:lDhHuDHr0
…そうか、温いか

(舌の動きを一瞬止めて、くぐもった声でつぶやく)
(視線は睡蓮の胸へ向けたままなので、
目に青年自身の黒髪がかかり、どんな表情をしているかは伺えないだろう)

(そして不意を打つタイミングで、乳首を舌で弾くように舐め上げる)
(更に同時。親指を用いて耳をやや強く擦り上げた)

(ピストンは徐々にスピードがあがっていく)

162 :睡蓮:2012/05/03(木) 18:29:29.98 ID:n/QTuLXT0
ひぁ…!
あっ、あ…あ…!
くぅん…ん…はあ…!
(何か言ってやろうと思いつつも手際よく責め立てられると
簡単に達しないようにするよう精いっぱいになり)

ぼ、ん…も…その程度か…?
(相手を煽るようなことを言葉にするが、それは無意識かそれともわざとか)

163 :睡蓮:2012/05/03(木) 18:31:35.82 ID:n/QTuLXT0
【NG特にないのでたくさん苛めてほしいです…】

164 :御堂:2012/05/03(木) 18:37:02.06 ID:lDhHuDHr0

妖狐の分際で…随分と、可愛らしく鳴くものだな

(甘い声でささやき、捕食者の余裕が滲む笑みを見せる)

(上半身を上げることで睡蓮に覆い被さるような体勢に変わり)
(右手を使って自身を支え、そして左手で性感帯である耳を強く扱いた)

(腰の動きは単調な前後運動だけではなく、
膣内をかき混ぜるような動きも加わる)
(それは絶妙な力加減で)

(だが…睡蓮が絶頂を迎える直前に、青年は動きを止めて肉棒を引きぬいてしまう)

165 :御堂:2012/05/03(木) 18:38:15.38 ID:lDhHuDHr0
【まずは、焦らします】

166 :睡蓮:2012/05/03(木) 18:41:01.97 ID:n/QTuLXT0
っあ…ああ…あっ…!
はあ…!あ…っく…坊…
いつからそんな、根性悪になったんだか…
はぁ…あっ…
(何度も寸止めされると無意識に腰が揺れぷっくりとクリは勃起し
小馬鹿にするような笑みを浮かべるが身体は絶頂を待ちわびて)

167 :御堂:2012/05/03(木) 18:47:00.80 ID:lDhHuDHr0
根性悪か…

(秘裂を、指でゆっくりとなぞり始めた)
(クリトリスは触れるか触れないかの加減で弄ぶ)

もし性悪男が気に入らんのであれば、ここで中断しても構わんぞ…?

(青年は小さく笑みを浮かべながら問う)
(ここで拒絶されるはずがないと、確信めいた予感があった)

【テンポ重視で少し短文になりますが、ご容赦を】

168 :睡蓮:2012/05/03(木) 18:50:55.71 ID:n/QTuLXT0
はぁ…っんん…
あ、ぁ…く…坊、…はやく、せぬか…
(ふいっと横を向くと消え入りそうな声でぽつりと呟き
まだ若輩者の、しかし主に好き勝手焦らされているというのが
恥ずかしくなり余計に感じてしまう)

【了解です
時間は大丈夫ですか?】

169 :御堂:2012/05/03(木) 18:55:34.65 ID:lDhHuDHr0
…くくっ、いつもの威勢が嘘のようだな

(ずぷっ、と膣内に侵入させた指を、のたうつ蛇のように暴れさせる)
(掻き混ぜ、擦り上げ、激しく責め立て…)

(そしてトドメと言わんばかりに、クリトリスに舌を這わせた)
(たとえ睡蓮が絶頂しても、クリトリスへの執拗な愛撫は続く)

【時間は問題無いです】

170 :睡蓮:2012/05/03(木) 19:00:57.98 ID:n/QTuLXT0
ああ、っあ…ひ…あああああ…!
っ…!ぼ、ん…少し、待て…!
あうぅ…ああ…!
(焦らされたせいかあっけなく達してしまいとろとろと愛液を溢れさせ、
尚も刺激を与えられると力の入らない手で主の髪の毛を掴み
やめさせようとして)

171 :御堂:2012/05/03(木) 19:07:52.59 ID:lDhHuDHr0
(愛液を掬い舐めながら責めは続いていく)

(尻尾の芯を掴み、上下に扱き上げて)
(ぷっくらと膨らんだクリトリスへは強くしゃぶりつく)

じゅる…ちゅっ、じゅるるるるるるっ

(いやらしい音が響く)
(もし睡蓮の絶頂が近いことを察知すれば、扱き上げを一気に加速させ)
(膣穴へ舌を侵入させてぐりぐり掻き混ぜて潮吹きをさそうだろう)

172 :睡蓮:2012/05/03(木) 19:12:14.42 ID:n/QTuLXT0
あっ…く…んん…!
やめよっ…ああっ…み、どう…!
やめ…っああああ…!
(絶え間ない刺激に再び絶頂まで駆け上がり召喚されて以来
読んだことのなかった名前を呼びながら達し
ぷしゃあっと勢いよく潮を吹いてしまう…)

173 :御堂:2012/05/03(木) 19:20:43.89 ID:lDhHuDHr0
(睡蓮の潮を浴びて黒髪が顔にまとわりつく)
(濡れた前髪は奇しくも、青年の色気ついた表情を艶やかに演出し)

やっと己れの名を呼んだな、睡蓮…

(「ご褒美だ」)
(そんな言葉が続きそうなトーンで呟いて、青年は張り詰めた肉槍を睡蓮の中へ突き進めた)
(その際、強引に体位を変えており、所謂バックの体勢で膣内を蹂躙する)
(絶頂したばかりで過敏になっているだろうが…そんなことはお構いなしだ)

174 :睡蓮:2012/05/03(木) 19:27:56.54 ID:n/QTuLXT0
はぁ…あ…
ま、待て…やめよ、まだ…っあああ…!
ふああ…やっ…あうう…んん…!
(力が抜けてぐったりとしていると強制的に四つん這いにさせられ
もがくがそんな抵抗も意味を成さず、奥まで突かれるときゅうきゅうと
性器を締め付け、ふさふさの尻尾が揺れる)

175 :御堂:2012/05/03(木) 19:36:34.28 ID:lDhHuDHr0
獣にお似合いの格好だな…!

(四つん這いの睡蓮は青年の劣情を更に煽る)
(しっぽの付け根をコリコリと弄りながら、激しく肉棒を打ち込んで)

坊と侮った人畜生に好き放題される気分はどうだ!?
このまま、はしたなく絶頂してしまえっ!

(エラの張った亀頭がごりごりと膣壁を擦り)
(ついに再奥まで達した一物が、睡蓮の子宮口を強く何度もノックする)

176 :睡蓮:2012/05/03(木) 19:42:21.60 ID:n/QTuLXT0
あっ…くうう…もう…はあ…!
はあ…も、…みど…っあああああ…!
(ぴくぴくと尻尾が痙攣し激しく達してしまい)

ふぁ…みどう…
このまま、寝どこまで連れていけ…
(くたんと脱力するとそのまま抱きついて)

177 :御堂:2012/05/03(木) 19:51:50.21 ID:lDhHuDHr0
っ、ああっ!

(睡蓮の絶頂に合わせ、青年もまた精液を吐き出した)
(子宮の奥に直接浴びせるような射精を終えると、1度正常位の格好になって)

…まだ小生意気な態度が抜けてないな

(嗜虐的な視線で睡蓮の顔を覗き込みつつ)
(すっと、その美麗な黒髪を優しく撫でた)


(そして繋がったまま立ち上がると寝床へと向かった)
(移動中も、歩く振動で肉棒が睡蓮の奥を突き上げ続けている)

(尚、一物は未だ硬さを保っている)
(絶倫ともいうべき持続力だ)

178 :睡蓮:2012/05/03(木) 19:57:52.89 ID:n/QTuLXT0
んあ…もう力が、入らぬ…
みどぉ…
(びくびくんと刺激に対して素直に反応するがぐったりとしていて
甘えるように尻尾を主の腕に巻きつけて)

179 :御堂:2012/05/03(木) 20:03:19.52 ID:lDhHuDHr0
(普段では考えられないような態度に、不覚にもときめいてしまい)

…睡蓮よ、次は何をしたい…?

(狐耳を撫でながら、優しい声音で問い掛けた)
(巻きつかれている手でも、尻尾を柔らかな手つきで弄んで)

180 :睡蓮:2012/05/03(木) 20:09:38.69 ID:n/QTuLXT0
ん…
みどう…
(撫でられると嬉しそうに尻尾が揺れて
そういえば今まで尻尾や耳を触らせたことはなかったような
寝床に下ろされるとそのまま抱きついてぺろりと唇を舐める)

181 :御堂:2012/05/03(木) 20:15:51.69 ID:lDhHuDHr0
…睡蓮…

(抱き締め返し強引気味に唇を奪う)
(淫靡な水音が頭の中に響くような、熱烈なキスを交わしていって)

(一方で、尻尾への愛撫は続けている)
(そしてもしまだ睡蓮に余力があるようなら、対面座位の姿勢に持っていく)

182 :睡蓮:2012/05/03(木) 20:20:35.57 ID:n/QTuLXT0
んん…ちゅ…
みどう…このまま…
(くちゅくちゅと音を立てて舌を絡めてキスをして
主の腕の中でうとうとしながら)


183 :御堂:2012/05/03(木) 20:26:42.36 ID:lDhHuDHr0
…まったく

(腕の中で眠りに落ちる様子を見て)
(いつもとは違う一面が見れたことに満足感を抱く)

…次に起きた時の反応が楽しみだ

(小さく笑い、青年も添い寝するように意識を闇に沈めていった)


2chまとめランキング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/05/10 23:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。