VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【募集禁止】 いろんな設定で…144【シチュ専用】

204 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 12:55:20.22 ID:OnEzN29X0


では宿題発表~
春先は痴漢が増える…というコトで警部、電車内の囮捜査にご同行致しますw

205 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 13:00:33.71 ID:L2e9xzj80


なに!痴漢!?
確かに…服装も軽やかになって脚の露出も……ごほんごほん。
分かった、では駅に早速移動~w


……高橋巡査、君から始めてくれたまえw

206 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 13:13:17.79 ID:OnEzN29X0


(通勤ラッシュでごった返す電車に乗客として乗り込み)
(背後についてくるであろう上司に一瞬だけ視線を飛ばし)
ぅわ…っ…
(あまりの混雑に驚く間もなく後ろから人並みに押され車内の中ほどまで移動させられて)
はぁ…
(手を伸ばし、電車の揺れにあわせて揺れる吊革につかまりようやく息をつき)
(そうこうしている間にも神経を研ぎ澄ませ周りを気にする)

207 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 13:21:27.48 ID:L2e9xzj80



(サラリーマン風のスーツを着て、メガネをして新聞を読むふりをする)
(その視界の先には同じくOL風の着こなしも似合う部下の姿…)

『うまくやれよ高橋…しかし人手不足といえ、これは鉄道警察の管轄だろうに』
『囮役のきれいどころがいないんで一つ頼みますよ~とか気楽に言いやがって…』
『だいたいアイツも【はい!やります!】なんて安請け合いしやがって、こっちの身にも……ん?』

(刑事の自分にだけは分かる独特の感覚…不必要に周りを見る男が一人)
(じりじりと乗降客の流れに合わせて美雨の側に近づいていく)

…来やがった、か…?

208 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 13:30:49.80 ID:OnEzN29X0


(囮捜査なんてしたコトないし、ちょっと興味あるし…なんて軽々しく引き受けたものの)
(いざ、そういう事態が起きたらどうしようかな、などと呑気に考え車窓から見える桜並木の美しさに見惚れ)
そんな簡単なもんじゃない……
(と、欠伸をした口がそのままの形でとまり)
(身体に押し付けられる感触にぴくりと眉があがり)
(荷物、もしくは他の物体が不可抗力で接触したかもしれないコトを考慮してしばしそのままの状態)
(ぐいぐいと押し付けるものが明らかにヒトの手だと認識するといやーな感じを受けながらもそのままされるがままに)
【…簡単だったみたい…】
【とりあえずもうちょっとさせてみないコトには確証を得られないかな】
【すごくいやな感じだけど榎木警部もいるし…】

209 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 13:37:00.71 ID:L2e9xzj80
(車窓から外を見る美雨の後ろから、どこにでもいそうな風体の男が体を寄せていく)
(美しくウエーブした髪にかかる生ぬるい鼻息、耳をすますと微かに音が聞こえるほど接近して)

『どうやらビンゴ…みたいだな、しっかしすごいなアイツ、殆ど一本釣りじゃないか』
『痴漢が好むフェロモンでも出してるのか…?』
(くだらないことを考えながらも目は真剣に現場を捕らえ、固唾を呑んで見守る)

(男はまわりに気づかれぬよう周到にコートで手元を隠し、そっと手の甲で尻をさすり始め)
(目立った抵抗を見せないことに安心したのか、手のひらを返し、ヒップの丸みに手の形を合わせると)
……っ…んふ…ぅ…
(後ろから聞こえる鼻息はいっそう激しくなり、しばし静止させていた手がゆっくりと動き始める)




210 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 13:44:14.53 ID:OnEzN29X0
(時折背後でごそごそ音が聞え、それに混じって荒い鼻息まで聞えて)
(ゆっくり動き始めた手の動きに鳥肌が立ちそうになるのを懸命に堪え、小さく咳払いし)
ん、んっ…
(大人しそうな女性を装おうために項垂れて見せて)
(身体と腰をくねくねさせ男の手を掃おうとし)
(熱い溜め息を唇から零して)

211 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 13:51:01.01 ID:L2e9xzj80
(手のひらが不気味に動くと、そのたびにスカートに大きな皺が寄り)
(やがてその動きは円を描くように大胆なものへと変わっていく)

『始まったのか?…くそ、コートに隠れてよく分からないな』
(舌打ちをして背伸びをするも、人の頭が障害物となってよく見えない)
『高橋には言い逃れできないところまで粘れ、と言ったけど…大丈夫なのか』

(男の手は大胆不敵な行動とは裏腹に、動き自体は繊細に尻肉をまさぐり)
(腰をくねらす動きに興奮したのか、なお一層スーツの上から愛撫を加えていく)

『…っと…やっと見えた……っあ…!』

……は…あ…
(男が安心したような息をはくと、蠢く指がついにスカートの中へと入り込んでいく)

212 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 13:59:03.56 ID:OnEzN29X0
っ…ふ…
(戸惑いが溜め息に変わり、淫らな動きに触発されたかのように切なく唇から溢れて)
(こんなはずではないと、否定する意味で一度だけ首を振り)
(スカートの中を蠢く男の指に思いもよらない反応を返してしまう)
…んっ…
(自分でも信じられない身体の変化にうろたえるとそれを察したかのように指が大胆さを増して)
(傍若無人に這い回る指にあってはいけない変化を感じとらせてしまう)

213 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 14:06:25.00 ID:L2e9xzj80
(顔を見ることも出来ない男の手は分厚く、パンストの滑らかな表面をすべるようにそっとなぞり上げ)
(そのままウエスト部分から、桃の皮を剥くようにパンストを引きずり下ろす)

……怖いのかい?ふふ…っ…

(節くれだった指が薄いショーツの布一枚を隔てて尻に食い込み)
(張りがありながらも柔らかい美雨のヒップに感動したように、むにむにと揉み続けていく)
だんだん体が熱くなってきたぞ…?変な気分になったか、ん?
(辱めるように耳元で囁くと、男は自分でも見ようとスカートを捲り上げようとする)

(まくれたスカートからちらちらと白い布がのぞく、それは向こうで見つめる榎木の目にも触れ)
『……っ……あいつ…』
(歯がみをしながら、陵辱の証拠を掴むべく、じっと成りゆきを見守る)

214 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 14:15:47.95 ID:OnEzN29X0
(男の低くしゃがれた声に背筋がぞっとし)
(懸命に避けようとする行動を嘲笑うかのように肌を守るものが一枚剥ぎ取られて
(図々しく囁きかける男を張り倒したくなる衝動に駆られながらもぐっと辛抱してなすがままになり)
…やめ…
…っや……
(吊革から手が外れ、バランスを崩すと背後から抱きとめる指があらぬところに触れて)
(車内の熱さと身体にこもる熱さで頭がぼうっとし)
(息を乱しながら決定的な証拠を得る為に自らお尻を突き出す)

215 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 14:21:40.94 ID:L2e9xzj80
…っと、大丈夫ですか?
(紳士的に語りながらも前に回った手はふくよかな胸の所から動こうとはせず)
(それどころか、美雨の色っぽい息遣いに男もすっかりその気になり、手つきはさらに厚かましいものへと変わり)
(尻朶を撫で回していた指が、もぞもぞとそっと太股の間に入り込んでいく)

……ふふっ…こっちはどうなってる?…脚を緩めてごらんよ。
(手首をねじりながら、後ろから割れ目を探り、クロッチの上から中の様子を確かめると、ぼそっと)

…中ぁ、マ×コがねとついてるぜ…?
(先程の気づかう言葉とは全く違う、下品な口調でにやにやと囁きかける)


216 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 14:32:04.36 ID:OnEzN29X0
(親切ごかした口調で胸の膨らみを我が物顔で支える男に眉を顰め)
(太股の隙間に差し込まれた指を腿で締め付け)
は…んっ…
(半ば強引に腿を押し開きながら蠢く指がショーツ越しの肉を押すと息を飲み)
………
………
(下卑た言葉に言い返すコトができないくらい萎縮しそうになりながらも無言で手を押し返す)
……っん
(電車が次の駅につくと混雑した車内にいた人々が一斉に動き、その隙を狙って車内の奥へと押しやられて)
(もうこのくらいで物証を得られるだろうと反撃しようと振り返り男をきつく睨み据える)

217 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 14:39:51.31 ID:L2e9xzj80
(乗客の波に乗って、乗降口の窓に美雨の体をぴったり押しつけると)
(窓ガラスと胸とで挟まった手がスーツの隙間からゆっくりと中に差し込まれ)
(乗客には見えないように背後からぴったり抱きしめ、ブラウス越しに豊かな胸をまさぐっていく)

どうした…?…ん?
(振り返った視線にも動じることなく、にやついた表情をうかべると)
そのままの姿勢でおとなしくしてるんだぞ…?

『…ああ…っ…!』
(榎木が声を出しそうになった視線の先では、スカートの中で男の手がパンティを脱がそうと)
(布は簡単に尻からはぎ取られ、太股の根元のあたりでくるくると丸まって、男の嗜虐心を刺激する)

218 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 14:50:09.02 ID:OnEzN29X0
ちょっと署ま…っ…
(こちらが起こした行動などまるで気にしない風に、それどころかこちらの動揺を見透かしたかのように鼻で嗤い)
(悔しげに歪む表情を楽しそうに見ながら堂々とした態度で胸を探り)

…いい加減に…

や、やめ…ぁん
(ショーツを脱がそうとする手を慢心の力で押さえ込み)
(それでも男性の力に到底及ぶ筈もなく最後の手段に出る)
…け、警察よ
現行、はん…で…逮捕…
(腿にショーツをひっかけた情けない格好をしながらも声に凄みをきかせる)

219 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 14:58:10.20 ID:L2e9xzj80
(隔てるものがなくなった尻肉へ男の手が伸び、ナマの尻の感触をスカートの下で存分に味わっていく)
(むちむちした肉が汗ばみ、小さく震える様子に感じ入りると、その動きはさらにねちっこいものへと変わり)
(再び指が股間へと伸びると、中指の腹の部分でにちゃり…と割れ目を撫でていく)

あぁ?けいさつがどうしたって…?
(尻の割れ目を滑るように入り込んだ指は、表面を撫でるだけでなく、指を曲げくちゅくちゅと押し揉み)
(そのままぴったり閉じていた花びらを押し広げると、敏感な襞をぬるぬると…)

そんな子供じみたウソ、誰が………え…?
(さっきまで抵抗を見せなかった女が胸元から手帳を出すと、目を見開いたまま硬直する)

……う…そ…



220 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 15:11:01.85 ID:OnEzN29X0
(お尻に食い込む指先が存分に肉の感触を味わうと、今度は濡れて潤う下腹部へと移動し)
(耐え難い感触に身体を震わせながら、いまだに怯まない指先に蹂躙し続けられて)
あ…
っは…
(久しぶりの感触に悦んだかのように肌は赤く染まり、淫らな熱が身体を苛み)
(ぬるりと腿を伝う体液を自ら感じ取り顔を赤くして)
(警察手帳の提示でようやく信用した男の手を取ると)
まるきゅう…さんさん…現行犯で……

(硬直したままこちらを見る男の顔を凝視して肩で息をする)
(車内のざわめきがなぜかひどく耳につき、ふとした瞬間に身体が前のめりにぐらついて)

221 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 15:21:32.49 ID:L2e9xzj80
はいはい、ごめんなさいよー、はいちょっとねえ。
(人混みをかき分けながら、ようやく男の前に辿り着くとやれやれといった顔で)

おっと…最後までしーっかりしろい、高橋。
(緊張が緩んで倒れそうになった美雨の脇を掴んで支えると)
……おとうさん、電車下りたらちょーっとお付き合いいただけますかねえ?
彼女に何したか…いろいろ聞かせて下さいよ、ね?


……………


(犯人を引き渡し、一段落した二人が向かった先は……妖しいネオン煌めくホテル街…w)

……
いや~悪かったな、結局逮捕までやらせちゃって…
けどよく頑張ったなあ、ちゃーんとご褒美あげるからな。
(壁に手を突いて立たせ、先程の電車と同じように後ろからスカートの中をまさぐって)
…でもさあ、逮捕するまで時間かかりすぎじゃなかったか-?
もしかして途中で仕事忘れちゃってたりして…
(先程の行為を思い出させるように指が肉割れをくちくち弄っていく)

222 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 15:32:01.88 ID:OnEzN29X0
…それはいいんですけど
私達は何でこんな所にいるんでしょうか?
しかも、なんですかこの…っ…シチュエーションは…
(無事検挙するコトができ、今日はもう帰宅しても良いと許しがでて)
(疲れを感じながらも喜び勇んで帰るのを引き止められ今に至るw)

あの…と、倒錯…してませんか
べっ、別にっ
絶対検挙したかったからしっかり物証を得たかっただけです
他意はありません
ちょ、榎木さんってば
何で…こんな格好で…
(複雑な表情でホテルの壁を見つめて時折嫌そうに腰をくねらせ)
…やだ…
(警部の思惑通りに記憶を呼び起こさせられ目元を赤く染めて)

223 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 15:40:12.68 ID:L2e9xzj80
まあまあ、そのままじゃお前も収まりがつかないかと思ったからさ。
それに…俺もちょっとジェラってしまったしい?
(軽薄に語尾をあげながら指を前に滑らせ、こりこりした粒に愛液をまぶすように塗りつける)

………っ…は……はぁ…
(指の腹をつかって、包皮の上からくすぐるように撫でつけて)
(つん…つん…と軽く突いたかと思うと、そのまま細かいバイブレーションを加えていく)

ふーん物証ねえ…それってこれのことですかー…?高橋巡査。
(そっと股間から指を離すと、べとべとになった指を美雨の前にかざして見せ)
こんだけたっぷり指に絡みつかせていたら、間違いなくおま×こ触ってた証拠になるもんなあ?

(指を開いたり閉じたりして、蜜の糸引く様を見せながら)
アイツ…何か美雨に囁きかけていなかった…?
何て言っていたのか俺にも教えてくれよ…

(別の手がはだけた胸元へ熱っぽい動きで入りこみ、蕾をくりくりと転がし始める)


227 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 15:55:11.29 ID:OnEzN29X0
(どこか拗ねたような顔の警部をあっけにとられて見つめ)
(執着するような激しさで下腹部を嬲られ何かに耐えるような小さな声をあげて)
そんな…コトまで、されて、な…
ぁぅ…

(壁についた手が汗で滑り身体をもたれさせ)
(ブラウスに包まれた乳房をぎゅっと押し付けて)
はぁ…はぁ……?
ち、ちが、ち、っがい、あ…がいま…
(からかうようにいやらしい蜜をまとった指先を見せ付けられ)
(顔を真っ赤にして警部を睨みつけ)

…別に何も…あ、
けいさつがどうした?って言ってましたけど…ふ…っ…ぅ
(そ知らぬふりを決め込みそっぽを向いても蕾へ刺激を受けると甘い声で鳴き出し)
…ぁっ…ぁ、ひ、っ…や…いや……っ、んっ…
榎木さ…はぁ…っ…

228 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 16:04:06.92 ID:L2e9xzj80
じゃあどんなコトまでされたのかなー?はい、言って。
(間接照明の光を受け、ぬらぬら反射する指先を2人で見つめながら)

……待機していた鉄道警察員に、アイツの指も見せてやりゃよかったなあ。
「ご覧下さい、これがこの男が痴漢をしていた証拠です」ってさ。
きっと今と同じくらい濡らしてたんだろうし…

(そのまま口元に運び、濡れた唇をこじ開け舌をまさぐりながらしゃぶらせる)
(興奮と嫉妬の入り交じった指の動きはいつもより強引で、口の中を掻き混ぜていく)
どう?やらしい味する-…さっき下の方触ってたら、おま×この方も
この口みたいにうねうね絡みついてきてたぜ?

違う違う、もっと前の時だよ。
吊革から手を離して、男が後ろから支えた時だって。
なんかコソコソ話していただろう……言えよ。

(取調室でよく聞く低い口調で、耳の奥へ語りかけられ)
(更に煽るように転がしていた乳首を指で摘み、くりくりと扱いていく)

229 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 16:19:57.90 ID:OnEzN29X0
取調べするなら令状持って来てください…
(やにさがった顔の警部を火照った顔で憮然と見つめ)

けっ警部がご自分で拭っちゃったんじゃないですか
容疑者の手をとって、ご自分のハンカチで…
(唇を尖らせてぶつぶつと文句を言いながら腰を揺らし)

うぐ…ぐっ…………ぅ、
(乾ききった口中に押し込まれた指は得もいわれぬ匂いを放ち)
(強引に押し込まれ軽く咳き込んで)
えほっ…げほん…はぁっ…っ…

きょ、拒否権を行使します…
……言ったらもっと拗ねるくせに
だか…やん!
………身体触るなんて…卑怯…
(悪態をつきながら身体を揺らめかせ、膝の力が抜けそうになるのを懸命に堪えて)

…濡れてるって…

あ、でも、条件反射ですから
いわば、身体を傷つけないための防御反応っていうか
だから、別に善くて濡れたとかそういうわけでは…
(そういうとおそるおそる警部の顔を覗き込む)

230 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 16:27:13.46 ID:L2e9xzj80
(唾液でぐっしょり濡れた指を唇から抜き取ると、後ろから抱きしめるような形で腕を前に回し)
(妖しく蠢く指が今度は前からスカートをまくり、愛液で濡れた陰毛をかき分け割れ目に添えられ)

…へえ~…そんなコト言われていたんだ?
それでも大人しく聞いていたってことは…あながちウソでもなかったんだろ?
こんな風にさあ。

(つぷっ…と抵抗なく中指が淫孔へ押し入るとそのままぐっと奥まで差し込み)
奥まですっかりどろどろになってるぜ、刑事さん。
電車の中では焦らしたまま終わったからな、遠慮しないで声出してみなよ。
(中から蜜を掻き出さんばかりに壁をこすり、ぬぽぬぽと何度も指を出入りさせ)

刑事さーん、じゃあこれも「条件反射」ですか?
マ×コ傷つけないようにというか…気持ち良さそうだなあ、おい。
(いつの間にか痴漢になりきったかのような口調で、耳の穴をべろりと舐める)

231 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 16:39:56.43 ID:OnEzN29X0
あ…
(言うべきではなかったと反省しても後の祭りで)
(感情を剥きだしにした指先が奥まで差し込まれると拒むように身体を揺らし)
…榎木さ…
違う…仕方が なか…
(呻くような声を喉から絞り出し、内を抜き差しする指をぐっと締め付けて)

んっ!
そっちは……
ぁぁっ…
(耳の中に感じる感触に身体がびくんと跳ね)
(切ない息遣いに胸が上下して)

…榎木さ…はぁ…っ…は…ぁっ…
(出し入れされる指に膣肉がからみつき)
(体内の熱さと脈を伝えて)

232 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 16:46:53.39 ID:L2e9xzj80
そっちは…何だい?…痴漢されたことを思い出しながら感じてるのか。
(ぴったりと抱きしめた姿勢で、お尻の割れ目に昂ぶりをぐいぐい押しつけ)

さっきは尻丸出しで震えながら「現行犯逮捕よ」なんて笑わせてもらったぜ。
本当は逮捕なんかしたくなかったんだろ?
こんな風に俺に最後まで可愛がって貰いたかったんだろうが。

(小気味よく出し入れさせていた指を捻るようにして、ぐりぐりと中で回転させ)
ふふっ…きゅっきゅ、指に吸い付いてきてるぜ、刑事さんのおま×こ。
おら、片脚を椅子の上に載せろ、弄りやすいようにもっと開くんだよ。
敏腕刑事のおま×こ、乗客の見てる前でいたぶってやるからよお

「いたぶって下さい」って言え。


233 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 16:57:08.99 ID:OnEzN29X0
だ、から…違うって…きゃ!
(お尻の窄まりと膣の間を嬲るような感じで先端をこすりつけられ)
(ちょっと怒ったような困った顔で見つめ)

わっ悪かったですねっ
だって…怖かったんだもん
(頬を膨らませてスカートを懸命に下ろそうとし)

あっ…はっ…はぁ…
…はぁ…っや……
(割れ目をいいだけ弄る指をぎゅぎゅっと締め付け)
(瞳を潤ませながら椅子の上に足を乗せ)
…はっ…
おね…がい……いたぶっ…て…くださ……
(スカートを握る指を震わせながら途切れ途切れに呟き)
(言い終わらないうちに顔に赤味がさし、みるみるうちに真っ赤になる)


235 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 17:04:04.92 ID:L2e9xzj80
っくっく…牝犬め、正体を現しやがったな。
そうれっ、電車の中で啼きながらよがり狂って見せろよ。
(椅子に載せた片脚を後ろから掴むと、さらに大きく広げさせ)

シートに座ったリーマンが下から見てるぞ、刑事さんのヌレヌレのアソコを。
俺の指が出たり入ったりしてるところまでバッチリなあ。
(ぱっくり開かせた股の真ん中でぬちゃぬちゃ指を動かすと、こちらまで淫らな匂いが漂い)
どうだ…こんなになってもまだ「逮捕します」なんて言っていられるか?
(挿入した指の根元を使って、強制的に高められたクリをぐいぐいと押しながら)

あーあ、隣の女子高生が真っ赤な顔して俯いてるぜ?
女性の敵を逮捕する警察官が指チ×ポはめてこのざまだからなあ、
どこをいたぶってもらって気持ちいいのか、言ってやりな。

はぁっ…っはx…あっ…



237 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 17:24:56.96 ID:OnEzN29X0
きゃ、
あっ!
やめて…そんなコト言わないで…
(蔑みを含んだ冷徹に響く声に身体をくねらせて善がり)
(硬く閉じた目蓋から涙が溢れ)

…いやっ!
見ないで、お願い…私を見ないで
っぁあ、クリだめぇ…弄らないでぇっ
や、やあ、やなのぉ、みないで…いやぁあーっ
(大きく無様に広げた足の間を男の指に滅茶苦茶に捏ね回され)
(甲高い声で泣き叫び)

ちがう…ちが、ぁっ…
やめ…
ゆびっ…でいたぶって…
おね…しま…も、っきた…の…ぉっ…おね…が…
(男の指を求め、身体を深く沈めるように何度も腰をさげ)
(狂ったように首を振り、髪を振り乱す)
っちゃう…いっ、ちゃ…っ…ぁぁっ…いか…せて…ふっ…んん、んっ…

…お…んこいっちゃう…

239 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 17:34:07.26 ID:L2e9xzj80
はっはっは!…こりゃー傑作だ。
逮捕すべき人間におま×こいたぶられてイッちゃうのか、お前。
(振り向かせると、ねっとりと舌を吸い、口の周りをべたべたと舐め回し)

っはっ…んぷっ…じゅっ、はあっ…後ろに手を回して俺のも触ってみろ。
いやらしい牝デカのまん×にぶち込みたくてうずうずしてるんだよ…
どうだ…?ビンビンに固くなってるだろう…はっ…

(美雨の首を後ろにのけぞらせ、舌同士をぴちゃぴちゃ絡ませながら)
んっ…ちゅくっ、んちゅっ…ぴちゃっ
どうせなら…んっ…チ×ポでイカせてやるとするか…その方がいいんだろ?
窓に手を突いてケツを突き出せ。

(サラリーマンの頭の上の窓に両手をつかせると、ぷるんと乳房が吊り下がり)
(剥き出しとなった尻をぐっと開かせ、大きく広がった傘の先を押しつける)

っはあ…んああっ…いい、いくぞ…っ…んはあっ…あ!…くおおっ
は、はいってく…っ…




241 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 17:48:26.85 ID:OnEzN29X0
(振り向かされると屈辱に満ちた瞳で見つめる隙も与えられず唇が重なり)
(もがくのを無視して舌を吸われると懸命に振り払おうとして)
…んぶ…っ…

っぷは…ん、んぷ…っんっ…
(引っ張られた先の剛直の太さに躊躇して手の動きが止まり)
(無理矢理握らされると仕方なく上下に擦り)

んは…っちゅく…ちく…ちくっ…ちゅっ…ちゅく、ちゅっぱ…
はぁ…
(とろんとした目で見つめると男の言いなりになり震えながらお尻を突き出し)
(野太い屹立の尖端が情け容赦なく押し込まれ)
(甘い疼きと鈍い痛みが身体に刻み込まれていく)

あ、あ…
あ、ぁぁんっ…ぁ…きちゃ…はいっちゃ…
ひ!ぃ…くふっ…んふぅ…
っちゃ…あぁう



243 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 17:56:16.80 ID:L2e9xzj80
おう、おぉ…スケベ刑事の割りにゃ、こっちの方は使い込んでないようだな…はっ
きつきつのココ…すっげえ、気持ちいいぜぇ…

(丸い尻が剥き出しになった美雨の上に、犬のようにのしかかると、たぷたぷと揺れる乳房を揉み回す)
(卑猥な動きで腰をかくかくと揺らし、女刑事の嬌態を満足げに観察し続ける)
ふっふ…チン×に絡みついてくるよ、刑事さんのエッチなおま×こが。
…どうだぁ、車内で立ちバックキメてもらってる感想は?はあっ…はっ

(腰を打ちつける度に肉感的なヒップはぶるんと波打ち)
(陰毛同士が粘液にまみれて絡み合い、男の太い肉柱が奥に押し込まれると
それを巻き込みながら襞の奥へと埋まっていく)

だいぶスムーズに動くようになったなあ、そらお前も腰を使って
ガクガク振るんだよ…!
「おじさまのおチ×ポ気持ちいいです」って言いながらな。
はっ…はぅっ…あ!


245 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 18:11:04.65 ID:OnEzN29X0
(背中を抱え込まれ深く、浅く突き上げられたびに背中をくねらせ)
(両の乳房を悪戯するように触られ熱い吐息を漏らし)
はっ…ぁあぁ…
……き、きもちが…いいです…

(時折こみあげる別の感情を打ち消そうと頭を振り)
(引き付けて離さない肉塊に淫らな欲情を引き出されて)
あぅ…
ん、ぁんっ…

…かりました…します…
ぁ、いいっ…おじさまの…ち…○ぽ、おっきい…
…すご、気持ちいい…ぁぁっ…はぁっ…
(腰を激しくくねらせて善がり狂い、お尻を押し付けて)


247 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 18:19:01.11 ID:L2e9xzj80
(乱れたスーツ姿で、獣のように犯される美雨を見ながら、ペニスを抜き差しし続け)
(嫉妬も凌駕する快楽と興奮につつまれ、しゃにむに下腹部を打ちつける)

へへっ…周りの客が呆れたような顔して見ているぞ。
いやらしくケツを振り乱す刑事さんを取り囲むようにな。
あんたは痴漢以上に破廉恥な女だ、そうだろ?

捕まえるはずの男のチンポ嬉しそうに咥え込んでるんだからなあ…っ…
ええっ!?どんなんだっ、淫乱なマゾ刑事さんよおっ!
(倒錯的な状況に理性も既に崩れ、欲望の命じるまま体ごとペニスをたたき込み)

そうかっ…はあっ、おじさまのチンポはそんなに大きくて気持ちいいか?
お前のココも…んうっ、痺れるくらいに気持ちがいいぞ…はあっ
おいマゾデカ、最後は何処に出して欲しい…っ…?

おじさまのザーメンどこに欲しいのか…っく、…言ってみろ。
はあっ!…んあっ…っは


249 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 18:29:35.59 ID:OnEzN29X0
(刑事とは名ばかりのふしだらな姿で車内で秘部を突き動かされあられもない声をあげ)
(野卑な物言いで羞恥心を煽る男を憎憎しげに睨み)
(それでも身体に与えられる快楽には抗えず男のペニスをきゅうきゅう締めつけて)
卑劣な…
元はといえばあなたの…ぁ!

いやあ…!
いや、っ…!
(乱暴に貫かれるたびに大声ではりあげ)
(開いた足はがくがくと揺れ立っているのが精一杯な様相で)

くっ…!ぅ…きも、ちい…
きもちいい…
中は…中だけは許して
(陵辱の限りを尽くされ切ない顔で喘ぎ)
(悔しさに身体を震わせても拒むコトができず)

顔…に…ん、っ…ぁはぁっ…
きて、きて…淫乱刑事にザーメン…
いっぱい…かけて…ぁあ、いく、いっちゃう
美雨のおま○…いっちゃうぅうっ


251 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 18:42:19.14 ID:L2e9xzj80
っは、卑怯?
アンタはいやらしいマゾデカなんだから、公衆の面前で犯されるのが似合ってるぜ。
っくく…恥ずかしいこと言われるのがそんなに好きか?
おま×こ、ひくひく締め付けながら悦んでるぞ…ほらっ…!
(言い訳の暇も与えずに、肉棒を突きつけ、中の淫肉をえぐるようにピストンを繰り返す)
(現実とプレイが入り乱れ、本当に美雨を犯しているような気持ちが交錯し)

ほうらっ…立ってるがきつけりゃ、そのまま床に這いつくばれ。
犬が交尾みたいなセックスをしているところ、みんなに見てもらうんだな…!
(ネコのように背中を反らし、尻だけを高く掲げたポーズで容赦なく丸出しの秘園を嬲り続ける)

お顔にかけて欲しいのか?ようしいいだろう。
「おじさまのおチンポ汁お顔にかけて下さい」だ。
一言一句間違えるなよ…!

んっ…はぁ!…んああっ…いい、いくっ…いくぞ、美雨…っ!
舌を伸ばして、んあっ…!z、全部…うけとめろ…っ
(ガクガクと機械のような動きで美雨の全身を揺さぶり尽くすと、一気にペニスを抜き)
(突き飛ばすように仰向けにさせるとそのまま顔の上にがに股となって)

ああっいくっ…!
(美しいその顔に溜まりに溜まった欲望の液を浴びせかける)
んふううっ…!んはあっ…んああっ、っはっ…!



253 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 18:56:53.82 ID:OnEzN29X0
(あまりの言われように唇を噛んでぶるぶ身体を震わせ)
(それでも胸を締め付ける甘美な疼きが男を受け入れてしまい)
(深く、深く抉るような動きに見も心も崩壊して)
あふぁあっ…!
い、ぃいっ…もっと、そこ、いいの、そこもっと、大きく、ぁうっ

(大きく息を吐きながら四つん這いになり)
(恥ずかしい格好で繋がっているのを衆人に見られるのも構わず大胆にお尻を突き上げて)
ぁっあ、ああ、
いや、ぁあっ…おかしく、なっちゃ…あひ…ひぅ…

おかお…おじさまの…おちん○汁…かけてくださ…美雨にかけて、ぁあ…
(犬のようにだらしなく舌を伸ばし虚ろな瞳で宙を見つめ)
ぁああきちゃうう、ぁ、あき…!
ざーめん、っ…あひぁあっ


(最奥へと捻じ込まれると、背中を大きく反らし、喉を仰け反らせ、内部を犯す熱い塊をきつくきつく締め上げ)
(揺さぶりにあわせ引き抜かれると瞬時に達し)
(次いで男の汁が顔面に浴びせられ)
んぶ、ん、ざーめ…んっ…はっ…はひ…んふ…
はぁ…ふぁ…
はっ…はぁ…っ…



255 :晃 ◆v5ZaN1NdOM :2012/04/06(金) 19:07:32.72 ID:L2e9xzj80
(跨がったまま、ありったけの欲望をぶちまけて、大きく息を吐き)
はぁぁあ…はっぁあ…
…………ぁ………

(顔中に白濁を受け、放心している美雨を見下ろし、自分のしでかしたコトに気づき)

あいや、ちょっと…待て、こんなはずじゃなかったんだけど…
いつの間にか…あれ…?何でだろう、おっかしいな~
(わたわたと急いでテッシュの箱を持ってきて)

……ま、まあこんな事に実際ならなくてよかったよ、うん…w
(いつもの調子ですべてを棚に上げ、笑って誤魔化す~)




258 :美雨 ◆HAKCDmP3plhx :2012/04/06(金) 19:19:53.00 ID:OnEzN29X0
>>255
はぁ…
(恍惚とした眼差しで惚けて大きく息をし)
(はっと何かに気がつき)
きゃーっ!
も、もうっ何でこんなコトになるんですか!
(のしかかる彼をありったけの力で突き飛ばすとその辺に散らばる衣服を掴んでバスルームに駆け込み)

(しばしの静けさが部屋に訪れると静かにバスルームのドアを開け、恥ずかしそうに顔だけ出し)
…こんなになったちゃったの警部のせいなんですからね
顔と…背中も流してください…
(赤くなる顔を見られないようにいそいでドアを閉めるw)


2chまとめランキング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/05/09 20:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。