VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【触手】触手に犯される女性たち34人目【じゅぼ】


132 :触手:2012/03/10(土) 23:36:04.87 ID:55MmOqgR0
ラスト募集age
魔法少女でなくてもいいです

133 :名無し@メアド公開チャット誘導厳禁:2012/03/10(土) 23:40:33.16 ID:Ermh06XSO
>>132
うまくできないかもですがお相手いいですか?

134 :触手:2012/03/10(土) 23:41:20.46 ID:55MmOqgR0
>>133
はい、お願いします。
できれば巨乳の設定がいいです。

簡単な容姿と名前を教えて貰えますか?

135 :名無し@メアド公開チャット誘導厳禁:2012/03/10(土) 23:48:58.09 ID:Ermh06XSO
胸の大きさはそちらにおまかせします。

こちらは身長150くらいで濃紺のローブと大きめのとんがり帽子、魔術の杖を持っています。

名前は次レスでつけますね

136 :触手:2012/03/10(土) 23:51:47.33 ID:55MmOqgR0
ではFカップほどで…
ベタですけど、シチュは森に迷い込んだ魔法少女を
そこに住み着く触手が…みたいな感じでいいですか?

もしよければ、迷ってしまった体での書き出しをお願いしたいです

137 :クラン:2012/03/10(土) 23:56:13.61 ID:Ermh06XSO
わかりました。
師匠のお使いでの帰り道に森に迷い込んで…みたいな感じにしますね

書き出しますから少々お待ちください

138 :触手:2012/03/10(土) 23:58:03.65 ID:55MmOqgR0
よろしくお願いします
もし髪型にこだわりが無いなら、金髪ストレートロングでお願いします
要望が多くてすみません

139 :クラン:2012/03/11(日) 00:01:32.22 ID:Ermh06XSO
(師匠にお使いを頼まれた帰り道、帰りが遅くなってしまったクランは近道なので師匠に入ることを禁じられている森を通っていこうとする)

すっかり帰りが遅くなっちゃったな…
また師匠に怒られる…

この森…師匠に入ること止められてるけど、近道だし…
いいや…入っちゃえ!

(森の中へと進んでいく)

141 :触手:2012/03/11(日) 00:05:18.47 ID:55MmOqgR0
………ん?
(森の中でうごめく1本の触手が、何かに反応したのかぴくっと動き始め)

これは、人間の臭いだな。
しかも魔力を持っているようだ、久々のご馳走だな

(そう、触手を操る主が呟くと)
(いくつもの触手が、森の中から現れ)
(クランの周りを取り囲んでいく…)

142 :クラン:2012/03/11(日) 00:15:30.27 ID:2HSP+NyoO
(森の中を急ぐと周りから触手が這い出してくる)

なにこれ…?
これがお師匠様の言ってた入っちゃいけない理由…?

(クランの足元に伸びてくる触手に炎の呪文を一撃)
(触手は少し焦げ繁みの中に引っ込む)

くるならきてみなさいよ!
みんなまるこげにしてやるんだから!

(意気込んで言うがまだそれまでの魔力はない)

143 :触手:2012/03/11(日) 00:21:39.81 ID:HindHvbG0
……っ!
(クランから放たれる炎の呪文によって)
(1本の多少怯むが、それ以上の触手がヒュッと風きり音を発したかと思うと)
(あっというまに、クランの手足を封じるように絡み付いていく)

中々の魔術の使い手のようだな、小娘よ…
だが、この森に入ったのが悪かったな
今宵の私の糧になってもらおう…
(1本の触手から、触手の主の声が発せられ)
(そのまま、クランの口の中に触手が進入し)
(口内をまさぐり、唾液を啜りながら同時に魔力も吸収していく)

144 :クラン:2012/03/11(日) 00:31:10.24 ID:2HSP+NyoO
(触手の一本を撃退したと思ったら、残りの触手が勢いよく伸びてきて手足を拘束される)

や…捕まった…離せ…

(触手の一本から声が聞こえる)

だ、誰っ…?出てきなさいよ!

(一本の触手が伸びてきて口内に無理矢理入ってくる)

ふぐっ…なに…あ…

(口内を蹂躙され自分の中の魔力がなくなっていくのを感じる)

カラン…カラン…

(力が入らず魔術の杖を地面に落としてしまう)

145 :触手:2012/03/11(日) 00:35:44.59 ID:HindHvbG0
うまい…うまいぞ、新鮮な魔力だ…
(クランの耳元で囁きながら、触手はドクンドクンと音を発しつつ)
(クランの魔力を吸収していく)

もう、杖を落とすほど力をなくしてしまったか
仕方が無い、たらふく魔力を吸収して栄養を得た後は
性的欲求も満たしてしまうことにするか…
(手足を拘束していた触手がさらに伸び、クランの着ているローブの隙間から入り込み)
(乳房を包むように巻きつくと、まるで手で揉みながら愛撫するかのような刺激を送っていく)

146 :クラン:2012/03/11(日) 00:44:22.10 ID:2HSP+NyoO
んふぅ…んふ…

(口内の触手がホースのように動き魔力をすいとっていく)
(腕を拘束していた触手の先がローブの袖口から腕をはいまわりローブの下の大きな胸を揉んでいく)

はぁ…あはぁ…やめて…

(まるで手で揉まれているような揉み心地に吐息をはきだす)

147 :触手:2012/03/11(日) 00:50:40.88 ID:HindHvbG0
やめろといわれてやめるわけがないだろう
お前の体、たっぷり楽しませてもらうぞ…
(触手がそう発すると、クランの口に入っていた触手が)
(あっというまに服の中に入り込み、下半身をまさぐりながら)
(ローブの中でショーツをやぶり、露になった割れ目をなぞりながら)
(その先端で、クリトリスを包み、吸引するように吸い始める)

(同じく、乳房を揉んでいた触手も乳首を包むように吸い付くと)
(クランの魔力が一滴残らず、吸い取ろうと)
(触手がドクドクと音を発しながら脈打ち、クランの体の感覚を徐々に失わせていく)

148 :クラン:2012/03/11(日) 00:59:09.31 ID:2HSP+NyoO
(たっぷり楽しませてもらうぞと触手から声がすると、口内から魔力をすいとっていた触手が首元からローブの中に入り込んでショーツをビリビリに破る)

きゃああぁっ…!

(ショーツを破いた触手は割れ目をなぞりクリトリスに吸い付いてクリトリスから魔力を奪う)
(胸の触手は左右それぞれ乳首に吸い付き、乳首から魔力を奪う)

ああ…だめ…感じちゃう…

(クリトリスも乳首も吸われて固くなり触手に凌辱されていく)

149 :触手:2012/03/11(日) 01:05:51.12 ID:HindHvbG0
欲求の赴くままに感じるがいい…
お前が感じれば感じるほど、潜在的にしまわれてある
魔力も放出され、ますます俺の力になるのだからな…

(魔力を吸収し続けている3本の触手の先端は、さらにクランに与える刺激を強める)
(触手の先は唇のように柔らかくなり、優しくしゃぶったかと思うと)
(歯のように堅くなり、甘く噛んだり触手の中で舌のようなものを生やすと)
(吸い付きながら、その舌で嬲る様な刺激を与え)
(クランに快感を与えると同時に、潜在的に溜め込んであるクランの才能の塊ともいえる魔力すら)
(吸い始め、触手はさらに脈を打つように暴れていく…)

うまい…うまいぞ…
お前は将来大魔導師になれる素質があったようだ…
だが、俺につかまったのが悪かったな、その素質すら全て吸い取り
俺の糧にしてやろう…

150 :クラン:2012/03/11(日) 01:15:08.79 ID:2HSP+NyoO
ああ…ああ…♪

(三ヶ所に吸い付いた触手はまるで人の口のように巧みに攻めてくる)
(いつしかクランの体は持ち上げられ、帽子も地面に落ち、抵抗も出来なく金髪を振り乱す)

力が…力が…

(触手のすう力が強くなり体が動かなくなってくる)
(触手から与えられる快楽は鮮明に脳にこびりついていく)

151 :淫獣ジュリアス:2012/03/11(日) 01:23:04.68 ID:HindHvbG0
ふぅ…沢山の魔力をごちそうさま。
しかし、だらしない顔をしているな…
俺の望みどおりになったようだ。

(クランの体が触手によって持ち上がり、触手による吸引により)
(クランの魔力が空になり体も動かなくなるのを確かめると)
(冷たくなった体に、そっと触手がクランの口、乳首、そして秘部に)
(ほんのり感覚を味わえる程度の魔力を与え、そこだけ感覚を戻すと)
(絡みついたいくつもの触手により、身動きがとれなくなったクランの体は運ばれ)
(やがて、触手の主へと運ばれる)

やぁ…魔女だったお嬢さん。気分はいかがかな?
早速だが、動かなくなった体をダッチワイフのように使わせてもらおう。
喉と乳首、そして膣の感覚は残しておいたから思う存分動かないからだで楽しみたまえ
(そこに現れたのは、狼のような淫獣。背中からいくつもの触手を生やしながら)
(クランの体に覆いかぶさっていく…)

152 :クラン:2012/03/11(日) 01:32:35.15 ID:2HSP+NyoO
(魔力を吸いとられたクランの体に触手が口と乳首アソコに吸い付くと体の中に魔力が少し蘇る)
(しかし体までは動かないクランは触手に拘束されたまま狼のような獣の元に運ばれる)

きゃぁ…狼がしゃべった…
そ、そこだけ戻ったって…いや…いやぁ…!

(狼にのしかかられていく)

153 :淫獣ジュリアス:2012/03/11(日) 01:37:12.29 ID:HindHvbG0
(淫獣はクランの動かない体に容赦なく覆いかぶさる)
(尖った爪でローブを切り裂き、巻きついている触手をどかすと)
(その大きな乳房に吸い付き、味わい始め)

んっ…ちゅっ、ちゅ…んはっ
もう、我慢できない…お前の体堪能させてもらうぞ
んっ…!

(ひとしきり、乳首を舐め吸い付き満足すると)
(自身の肉棒をあっというまにクランの割れ目に突っ込み)
(本能の赴くまま、腰を振り続けていく)

154 :クラン:2012/03/11(日) 01:47:10.27 ID:2HSP+NyoO
いやぁ…!だめぇ…!

(ローブを切り裂かれ触手を退けると狼が襲いかかってくる)
(狼は興奮した様子で胸にしゃぶりつきその後容赦なく肉棒を突き立ててくる)
(敏感な部分だけ感覚を戻されたクランは動かない体で喘ぎ声をあげ続ける)

ひっ…い…ああ…ああっ…!

155 :淫獣ジュリアス:2012/03/11(日) 01:52:54.24 ID:HindHvbG0
くっ…んっ…はぁはぁ…
(淫獣は息を荒げながら、クランの体に抱きつき)
(本能の赴くまま腰を振り続け、やがて絶頂に達する)

くっ…イクぞっ…
(そう宣言すると、クランを抱きしめたまま淫獣特有の黒い精液が)
(クランの膣内に注がれ、また獣が腰を振りあっという間に果てる)
(それを何度も何度も繰り返していくうちに、クランの美しい金髪は灰色にくすんでいき)
(まだその色を保っていたクランの体も、灰色になっていく)

ふふっ…最後にいいことを教えてやろう
俺の精液には麻薬と似たような成分があってな、もうお前は
俺の精液無しではいきていけない…精々俺が飽きるまで可愛がってやろう
まだまだ、俺の肉棒は衰えないぞっ…んっ!
(クランを絶望に落とさせる言葉を耳元に投げかけながら、なお獣は)
(黒い精液をクランの膣内に注いでいく)

156 :クラン:2012/03/11(日) 02:04:37.03 ID:2HSP+NyoO
ああ…ああっ…狼に…狼にぃ…

(性欲をクランの中にぶちまけた狼はなおもクランの中に欲望を注ぎ込む)

精液が麻薬って…

(何度も精液を注がれるとクランの体と髪の色が抜けていき灰色になっていく)
(注ぎ込まれた精液は狼のいうとおりクランの脳にさらに精液を求めてくる)

はぁ…あ…もっと…

157 :淫獣ジュリアス:2012/03/11(日) 02:13:47.42 ID:HindHvbG0
ふはは…もう抵抗しなくなったか…
これからは俺専用の肉奴隷になってその生涯を終えるんだな
もっと、もっとか…そら沢山やるぞっ…んっ!!

(クランが抵抗しなくなることがわかると、安心したのか)
(クランの唇を優しく奪い、舌を絡め、そして下半身では)
(容赦なく、黒い欲望を垂れ流していく)

んっ…ちゅっ、ちゅっ…ちゅううっ…
(濃厚なキスを交わしながら、延々と黒い精液をクランの子宮に注ぎ込む獣)
(何度も何度も、永遠にも感じられるような間その行為は行われ)
(やがてクランのお腹が獣のどす黒い欲望によって真っ黒に、そして不自然に膨らむまで行われた)

どうだ、獣の交尾は…癖になっただろう?
これから、壊れるまで毎日してやるからな……

158 :クラン:2012/03/11(日) 02:21:18.32 ID:2HSP+NyoO
(狼はクランの唇を奪い獣の舌で口内を犯していく)
(一方で狼の肉棒はクランの性器に精液を送り続けクランの体はどす黒く変色していき膨らんでいく)

気持ちいい…狼さんの精液気持ちいい…♪

(醜く腹を膨らませたまま恍惚の表情で)

159 :淫獣ジュリアス:2012/03/11(日) 02:25:12.26 ID:HindHvbG0
はぁ…はぁ…もう思考能力がなくなったか
初日からやりすぎたかもしれんな。

まぁいい…この人間を探すために
また新たに俺の肉奴隷になるような魔女が送られてくるだろう
それを楽しみにしておくか…

おい、この娘の体を洗って休ませてやれ
(そう叫ぶと、獣の家来が現れクランの体を持っていくと)
(丁寧に体を現れ、体の色が元に戻る程度の魔力を注がれ)
(それから数ヶ月、クランの命が果てるまで同じ行為が繰り返されたという…)


160 :クラン:2012/03/11(日) 02:33:54.02 ID:2HSP+NyoO
(快楽にうわ言のように呟くクランを狼の部下が体を洗い魔力を注ぎこまれる)
(その後触手を持った狼の凌辱行為はクランの命果てるまで繰り返された)



以下空きです

2chまとめランキング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/05/09 00:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。