VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【尻尾バイブも】獣娘を飼いならすスレ 44【本物も】


31 :ティア:2012/03/01(木) 23:14:10.24 ID:+gWPGXco0
ご主人様の居ない時にご主人様の友人にレイプされてしまう

そんな感じのシチュでやりたいです
抵抗するのを、無理やり発情させるお薬を首筋に打つとか鬼畜な方を希望です

こちらは垂れ耳の半獣わん娘のボクっ娘です

32 :♂:2012/03/01(木) 23:18:45.68 ID:x3GMLFvF0
お願いします。
他に鬼畜設定などでご希望あれば教えて下さい

33 :ティア:2012/03/01(木) 23:23:39.39 ID:+gWPGXco0
お願いしますー
特にすぐに思いつく希望は無いです
そちらの希望があれば言って頂ければ•••

NGは過度のグロ、大きいほうのスカです

34 :♂:2012/03/01(木) 23:30:59.31 ID:x3GMLFvF0
強気だったり元気な僕っ子とこちらが舌で膣攻めをするのを希望します。
NG了解です。
こちらのNGはグロスカです。

こちらの名前も外国ぽくした方がよろしいでしょうか?

こちらの設定なのですが、真面目なご主人様とは対照的に、冷静だが偉そうでやらしい性格を考えておりますが、微妙でしたら変更致します。
書き出しはどうしましょう?


35 :ティア:2012/03/01(木) 23:37:21.71 ID:+gWPGXco0
わかりました、大丈夫です。
名前の方はどちらでもOKです

では表面上は優しい性格に変更してもらえませんか?
本性を知らず、普通にご主人さまの友人の一人として信頼を置いていた、みたいな感じで…
書き出しはこちらからします

36 :エヴァンス:2012/03/01(木) 23:41:37.66 ID:x3GMLFvF0
有り難う御座います。
媚薬?的なものを自作できる薬剤師設定にしますね。

表向きは優しいが、裏では傲慢な感じで。
ありがとうございます。書き出しお願い致します。
もし自分に変な箇所や合わない部分があれば遠慮なくご指摘頂けると嬉しいです。

発情薬を使うタイミング?も教えて頂けると嬉しいです。

37 :ティア:2012/03/01(木) 23:49:20.32 ID:+gWPGXco0
(自宅でお留守番の最中に、チャイムが鳴る)
(ご主人さまかと思って飛んで出るも、予想と違って)

あ、こんにちわっ。エヴァンスさん
……あれ?
ご主人さまは一緒じゃないの?

(知った顔なので、警戒なくドアを開け、家に招き入れてしまう…)

【レイプに抵抗する時でお願いしますー】

38 :エヴァンス:2012/03/01(木) 23:55:55.08 ID:x3GMLFvF0
【書き出し有り難う御座います。
タイミングも了解です。】

やあ、ティア。ああ、彼は少し寄り道してくると言ってたから。
お先に上がらせてもらおうかなと思って。お邪魔するねー。
ふ~最近冷えるねー
(紺色のコートに包まれた両腕を擦りながらターゲットの犬娘の頭を撫でる。
その衣服には彼が独自に製作した新品の薬瓶と注射器が入っているのだが。
愛想の良い、ソフトな笑みを常に絶やさないがそれは演技)

(招かれてソファーに座り優しい声で)
ティアいつもご主人様の言いつけ守って偉いねえ、俺の家に招きたい位だよ。
(冗談めかして言う)

39 :ティア:2012/03/02(金) 00:02:39.61 ID:wi2QGftG0
ああ、そうなんだー。
それならどうぞ、といっても何もおもてなしできないけど…。
今、暖かい紅茶入れるね。
確かエヴァンスさんはダージリン派だったよねー?
(撫でられると嬉しそうに尻尾をぱたぱた振る)
(それから、カウンターの向こうへ紅茶を淹れ始め…)

あはは、勧誘したってダメだよ?
ボクはご主人さまのものだからねっ!
(そのまま冗談として受け取り、けらけら笑いながら、紅茶の乗ったトレーを目の前まで運ぶ)

40 :エヴァンス:2012/03/02(金) 00:12:20.65 ID:TRq3B5/Y0
ああ、有り難う。気の効く子がいて彼も幸せ者だね。
(何も知らずに...と言いたげな顔でティアの活発に揺れる尻尾を眺め)

(ティアがお茶を持ってくるまで、楽しそうに脱いだコートから盛り上がったように見える必要物品を指で叩く)
ふふ、洒落で返すなんてティアも大人になったね。
(次の瞬間どこか危なげな目つきで立ち上がり、紅茶を飲むと)
でもね、今のは本気なんだよ?
僕と遊んでくれないかなあ?
すごく楽しいことだから、ね。
(ティアの持っていたトレーをテーブルに置くと
、垂れた可愛い耳をさっきのような自然な様子とは違う、馴れ馴れしい手つきで撫でてキスをする)
......っ(その間も反応を見るようにじっくりと目を合わせて)


41 :ティア:2012/03/02(金) 00:22:47.06 ID:wi2QGftG0
もうっ、冗談は程々にしないと笑えませんよ?
そうやってすぐボクをからかう……
……って…えっ…エヴァンスさん…?
(つい今までの、いつもの、優しい様子が一変するのを肌で感じ取る)
(笑った表情がひきつって、凍りついた)

…ひゃうっ!?
(耳へのキスも冗談として受け取れる余裕があったのに、今だけは寒気と恐怖を感じて)
(手に持った自分のカップを落としてしまい、その割れる音で我に帰って後ろに飛び退いた)

い、いい、一体、何のつもりですか!?
ボクだって怒る時は……、お、怒りますよ!?

42 :エヴァンス:2012/03/02(金) 00:30:27.43 ID:TRq3B5/Y0
(主人の手入れが行き届いているのか柔らかい毛並みの耳に舌を満足させて
引き下がる相手を余裕の目で移しながら近づき)

何って、お遊びだよ。可愛い犬の子とね。
前からずっと君みたいな子が欲しかったんだからな...
(語尾はいつもの穏やかさとは裏腹な、倣岸さがあって)
怒る顔も可愛いね...もっと色んな顔が見たいな。
(背中に片手を回すと自分の唾液で濡れた耳を撫でて口付けをする)
(舌を分け入るように浸入させねっとりと口内を舐め、舌をゆるやかに絡ませいやらしい音を上げる)

(同時にいきなり尾てい骨をなぞるとフサフサした尻尾を根元からゆっくり揉み
、その先端との往復を繰り返す)

【もし進め方で問題ありましたら言ってください。】

43 :ティア:2012/03/02(金) 00:40:18.77 ID:wi2QGftG0
へ…変態っ!
最初っからそれが目的で……近寄るなっ!!
(語勢は強いものの、足が震えているのがすぐにわかる)
(後ずさりして、壁に背中が当たると一層、身体が震える)

いやっ!やだっ!やだやだやだぁっ!!
んん゙─────!!!
(唇同士が重なった瞬間、明らかな嫌悪の表情を見せる)
(それが相手をさらに昂らせるとも知らず……)

……ぷはっ!
ご主人さまっ!ご主人さまぁ!!
助けて!助けてよぅ!!
(尻尾を触るいやらしい手つきに、体は善悪の判断がつかず、正直に反応して)
(やっとの思いで離せた口から、必死に声を張り上げる)

44 :エヴァンス:2012/03/02(金) 00:53:25.58 ID:TRq3B5/Y0
そう、ずっと君とこういうことがしたいと思っていたんだ。
(上機嫌に言って)

(自分を今まで騙していた相手を拒む表情、そして高温の悲鳴が彼の欲望を掻きたてて
喉の辺りが愉快そうに笑っている)
(普段屈託のない笑みを見せている時とのギャップは心地好くて)

何言ってるんだ?
どんなに叫んだって無駄だよ。
大体、こんなに気持ちよさそうにして...嫌がってるなんて思えないけどな。
やっぱり犬娘だけのことはある、ストレートだな。
(羞恥を煽るように言うとお尻ごと尻尾を撫でて)

(柔らかいソファーに押し倒すと上下の服や胸当てもを手際よく脱がせて
四つんばいの恥ずかしい体勢にしてパンツも脱がせ生まれたままの姿にさせ)
見れば見るほど良い身体だ。遊び甲斐があるってもんだ。
(仰向けにして胸やお腹を遠慮なく手を滑らせ、胸を軽く揉んで)
こっちはどいう具合かな?
(思い切り開脚させ膣の表面を舐めていく)


45 :ティア:2012/03/02(金) 01:07:28.41 ID:wi2QGftG0
ごっ……ご主人さまが、助けに来てくれるもん…!
そ、そしたらお前みたいな…変態をっ…やっつけて…!
(ちらりと視界に入った時計が、主の伝えた帰る時刻にはかなりの時間があることを残酷に伝えて)
(今度は表情がみるみる絶望に染まる)

触るなぁ!
気持よくなんか無い!むしろっ、気持ち悪い!
だめっ!だめだってばぁ…!
(キャンキャン吠えるが、性感帯に触られる度、言葉が途切れる)
(怖くて力が入らず、まともに抵抗も出来ず、白い肌を晒されて)

…っ…あっ!
そ、そこは、絶対いやっ!
そこは、ご主人さまに…!
(言いかけて自分で顔を赤くするが、今はそんな場合ではないと言い聞かせる)
とにかく!お前みたいなのに、触らせない!
(初めてを守りたい一心で、足におもいっきり力を込めて蹴る)


46 :エヴァンス:2012/03/02(金) 01:15:10.78 ID:TRq3B5/Y0


(表情から絶望を読み取り愉快に笑い)
誰にも邪魔されずに楽しめるって訳さ。

(舐める合間に目を細めて)
ふーん、ご主人様にね...
(ティアが主人に強い好意を抱いているのは勘付いていたが
、こうも率直に言われると長年の友人をこっそり出し抜ける優越感に胸を躍らせ)
うわ!
(非力とばかり思っていた相手の攻撃に鋭い痛みが走り腹を押さえるが目は余裕で)
はは、ご主人様に相応しい良い子だ...これを作った甲斐があるというもんだ。
(注射器に紅い液体を注ぎ、ティアの細い首に打ち込んだ)
痛いけど我慢しろよ、直に気持ちよくなれるから。
(液体は見る見る内に流れ込み、空っぽになった注射器を捨てると試しに注射跡を数回舐めてみる)
(業とらしく瞬きして反応を見る)

47 :ティア:2012/03/02(金) 01:26:05.23 ID:wi2QGftG0
痛っ!?
やっ…!何…!?

──────っっ!?!?
(一瞬走る激痛に訳が分からず、目を白黒させる)
(落ち着く暇もなく、いきなり甘い電流のような痺れが走って)

……はっ…、はぁー……!
なに…これぇ……!?
お腹の奥……熱くて………
(白い肌がほんのり桜色に染まり、乳首もぷっくり膨らみ)
(瞳も潤んで、艶っぽく荒い呼吸をし始める)

うぅ…きゅんきゅんするぅ……!
体がおかしい…!助けてぇ……
(ごぷっと粘っこい音を立てて、秘部から蜜が垂れる)

48 :エヴァンス:2012/03/02(金) 01:37:03.20 ID:TRq3B5/Y0
(様子の変化に全身を眺め体温の上がった肌を白々しく擦る)
ほお、想像通りの効果だな。前より可愛くなって...
(耳を軽く揉むと乳首をつんつんと突付き、胸を徐々に力を入れて揉んで)
忠犬少女も薬の力には形無しか。

(膣に顔を押し付け舌を何度も這わせて愛液を舐める)
(性感を煽るようにクリを舐めると、舌先でそれを突付いたり弾いたりして)
ほら、よく見るんだ、自分の姿を。
(部屋の隅にあった大きな鏡をティアに向けて)
こんな風になってもまだご主人様に助けて欲しいかい?
それとも...
(羞恥を煽るように言うと耳に息を吹きかけ、勃起したペニスで股の辺りを突付く)
(更には剛直したそれを露出して見つめて)


49 :ティア:2012/03/02(金) 01:48:51.95 ID:wi2QGftG0
ふゃぁ…っ
おかしいっ…こんなのボクの体じゃないぃ…!
……ぅ…ぁぁ…♪
(耳も乳首も胸も、少し強く触られただけなのに、)
(すっかり蕩けた雌の声が口から漏れる)

いやっ!!
違う!違う違うっ!こんなの……こんなの…っぁ♪
(特に神経の塊であるクリには薬の効果が強く、舐められるだけで体が仰け反る)
ご……主人様は、きっと………ぉ…!
だ…だからぁ……、お前なんかに、絶対……屈しない…!
(唇を血が滲むほど必死に噛んで、疼きに必死に抗う)
(しかし言葉とは裏腹に、秘部は処女なのに物欲しげにひくついて……)

50 :エヴァンス:2012/03/02(金) 01:57:41.00 ID:TRq3B5/Y0
いやいや、ティアが求めているんだ。
案外媚薬がいやらしい本性を教えてくれたんじゃないのか。
(わざとらしく嘯いて乳首を軽く弾く)
淫らな声なんて出して...
(喉をあやすように撫で)

でも、ここは相当欲しがってるようだけどね?
(ティアの指を蜜の湧き出る膣に誘導し触らせると勢い良く脱いで自分も全裸になり
ティアを本物の犬さながらの四つんばい状態で開脚させ)
それじゃあ...タップリ楽しもうか、忠犬ちゃん?
(硬いペニスをゆっくり膣に入れていく)

51 :ティア:2012/03/02(金) 02:09:49.27 ID:wi2QGftG0
嘘だ!絶対嘘だ!
お前がぁ…っ…!
へ…変な薬ぃ……入れたから…っ…!
(体は強烈な快楽に既に屈服してしまい、理性だけで必死に耐えようとして)

やだっ!やだやだいやだっ!
それだけは!何でもするから!
─────あっ…。
(ぷつり、初めてはあっけなく奪われ、その証拠が太ももを伝う)
(ぽろぽろと涙を零すのも束の間、視界が明滅する)
おっ…ぉぁあぁぁぉぉお゙お゙♪♪♪
(熟れさせられた膣肉をごりごりと削られると、頭が真っ白になるほどの快感が走る)
(まさに獣じみた絶叫を上げ、だらし無く開いた口から涎を垂らし、激しく痙攣する)
(襞がひとつひとつ別の生き物のように蠢き、ペニスにご奉仕してしまう)

52 :エヴァンス:2012/03/02(金) 02:18:47.71 ID:TRq3B5/Y0
ハハハハハ!
そんなに嬉しかったか?
(覆い被さり涎を舐めると締め付けを感じて)
ぬっ、凄いな。ここまでとは。
よし、もっと鳴け!半獣!
俺の性器をたっぷり味わえ!
(腰の代わりに尻尾を強かに握ると激しいピストンを開始して、何度も肌がぶつかる音がする)
(愛液で彩られたペニスは益々太くなり、クリに先端を押し付けて)
好きなだけ酔え。お前の乱れが見たかったんだ
(語尾だけ甘く囁くと耳を舐めるだけでなく口に含みしゃぶり始め)

53 :ティア:2012/03/02(金) 02:30:13.57 ID:wi2QGftG0
おぉ゙っ゙…ぎもぢぃぃ…♪
こんなのぉ……っ……おかじくなるぅ…!!
(お薬による、普段絶対に味わえない快感はたやすく理性を溶かした)
(高い嬌声をあへあへ上げて、自分からも腰を動かし始めて)

ごっ…ご主人さまぁ、ごめんなざいっ…!
ボクもうだめかもっ……ぁ゙あぁ゙♪
らって…ごんなの知らないぃひっぁぁああっ…!!!
いくっ…!イクイクイク…いっちゃううぅぅぅぁあああああ♪♪♪
(きゅうっと、精液を絞りとるかのように膣が激しく収縮を繰り返し)
(潮や涙や涎や、体液を撒き散らしながら、生まれて初めての壮絶な絶頂を迎えた)
(脳味噌を焦がすような快感に、目をひん剥き、無様なイキ顔を曝して、失神してしまう)

54 :エヴァンス:2012/03/02(金) 02:39:07.32 ID:TRq3B5/Y0
そうだ、いい子だ。
獣みたいな耳をしているんだ。
貞節を守るよりこうして乱れてる方がお似合いだ!
(お互いに腰を振り合い、ぶつけ合うのは堪らない快感で)

ぬおお!
(強烈な締め付けに苦しみと快楽に圧迫され下腹部に熱が集まる)
全くこんなに辺りを汚して(だが表情は強い優越感に満ちていて)
益々この家に置いておく訳にはいかんな。
(失神を悟ると力を振り絞り膣の奥を突いて)
まだだ、しっかり受け止めろ!
(夥しい、粘性に富んだ精液を流す)



55 :ティア:2012/03/02(金) 02:49:31.62 ID:wi2QGftG0
熱いぃ……♪
赤ちゃんの部屋が、せーしごくごく飲んでるぅ……♪♪
(発情させられ、降りた子宮が放たれた白濁を受け止める)
(小さな体ではすぐにいっぱいになり、結合部から漏れて泡立つ)

気持ちよすぎて…もうボク…壊れちゃったぁ…!
これないと生きていけないよぅ…♪
(何も知らなかった故に、麻薬のように脳裏に刻み込まれてしまう)
(元気いっぱいだった笑顔は、発情した一匹の雌の蕩けた顔に塗りつぶされた)

エヴァンスしゃん…♪……責任、とってねぇ…?
(未だ絶頂の余韻が残ったまま、焦点の合わないうつろな瞳に瞼をおろした)

56 :エヴァンス:2012/03/02(金) 02:58:12.47 ID:TRq3B5/Y0
(射精の余韻に浸りながらティアの頭を撫でて)
人間と獣人のハーフか、面白そうだ。
(色々仕込んでやろうと劣情を巡らせ)

だろうな...ましてや獣人には刺激が強すぎるしな
(淫らな顔に卑猥にしなる舌を這わせて)
これからもっといい媚薬を作ってやろう...
当たり前だ、お前のような奴を見逃すはずないだろう。
今日から俺の家に連れて行くか、たっぷり遊んでやる。
(火照った肢体を抱きしめて駐車場へと歩いていく)

2chまとめランキング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/05/07 22:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。