VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【触手】触手に犯される女性たち33人目【じゅぼ】

【触手】触手に犯される女性たち33人目【じゅぼ】


109 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/21(土) 23:15:00.24 ID:9P8LtE9V0
こんばんは。
ようやくお会いできましたね。

こちらこそお相手願います。

110 淫魔の触手 投稿日:2012/01/21(土) 23:19:57.56 ID:bOBMLReB0
>>109
この時を待ってましたよ。
可憐な魔法少女をなかなか捕らえられなくて…触手たちも奮い立っています
よろしくお願いしますね

書き出しはこちらからでよろしいでしょうか?
リーネちゃんの年齢や外見など出来たら教えてください。

111 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/21(土) 23:25:44.38 ID:9P8LtE9V0
書き出しお願いできれば嬉しいです。
舞台設定などご自由にしていただいて構いませんので。

リーネは15歳くらいです。
金髪、やや長めのショートカット。 衣装は、…おきまりですが、フリルスカート系の可愛らしいのでいかがでしょうか。
ご希望ありましたらそれに合わせます。


112 淫魔の触手 投稿日:2012/01/21(土) 23:30:06.86 ID:bOBMLReB0
わかりました、少し待ってください。
あと、もし合わない部分がありましたら途中でも
遠慮なくおっしゃってください

113 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/21(土) 23:33:33.74 ID:9P8LtE9V0
うぅ、早くもドキドキしてきました。
では、甘えさせていただきまして、書き出しお待ちいたします。

それと、このスレで募集しておいてなんですが、人外の責めであれば触手以外もOKです。

114 淫魔の触手 投稿日:2012/01/21(土) 23:34:45.84 ID:bOBMLReB0
(淫魔たちに蹂躙される世界を救おうとたった一人絶望的な戦いを続けてきた魔法少女リーネ…)
(とうとう、淫魔の「根」である混沌の主(あるじ)のもとにたどりついた)
(だがいままでとは桁のちがう淫気の前にとうとう、粘液まみれの触手に捕らえられ、全身に巻きつかれ)
(次々と服の中に潜り込んできた、先端が男性器…ペニスにそっくりの触手に、先走り汁を擦り付けられ)
(それと引き換えのように魔力を吸い尽くされていく)

リーネ…とか言ったか
我々の眷属をさんざん、狩ってくれたようだな。
(実体らしきものはどこにも見えない…ただ、リーネを取り囲む空間のあちこちから、大小さまざまの
 触手が這い出し、少女の可憐な身体を亀頭の先端で扱き、粘液を塗りつけている)

こうなった以上覚悟は出来ているだろうな…もとの汚れない身体にはもどれんぞ…
(リーネの身体をぐちゅぐちゅと扱き、亀頭のカリで先走りを少女の乳首に丁寧に塗りつける…)
(リーネのコスチュームはすでに粘液でねっとりと汚れ、淫猥なしずくがスカートのすそから滴り落ちる)

115 淫魔の触手 投稿日:2012/01/21(土) 23:38:10.34 ID:bOBMLReB0
>>113
色々了解ですw
思いついたらえぐいの出して、輪姦してみようかと思います。
いつかリーネちゃんを襲おうと思ってちょっと書き溜めてたので、
最初のレスだけは早いですが、もう少し遅くなるかもしれません…

116 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/21(土) 23:48:39.53 ID:9P8LtE9V0
【書き出しありがとうございます】

く…ぅ…、はぁ、はぁ…
ここまできて…、あと一息なのに…、こんなところで…負けられないっ、んぁ!
(長く孤独で、厳しい戦いの果て、淫魔の主を目の前にしながら、ついに力尽きその触手に囚われの身)
(無数の触手が、体をめぐり、戦うことはおろか、まともに動くことすらできないままに、その魔力を吸われていく)

…っ! この声…、あなたが淫魔たちの王…
そうよ、あたなたち淫魔は、全て私が倒す、たとえこの身が果てようとも!
(触手に動きを封じられ、肝心の魔力もほとんどないまま、強い使命感が言葉を紡いでいく)
(しかし、触手が体を這うたび、残り少ない魔力が徐々に奪われ、それとともに防御結界も弱まり、苦悶に顔をゆがめる)
くぁ…、あぁ…、くぅぅぅ…っ!
…覚悟なんて、あなたたちと戦うと決めた時にできてる。
あなたたちなんて怖くないっ!
どんなことになっても、負けないっ、最後には絶対に…んぁ!!
(「勝ってみせる」と言おうとした瞬間、乳首に当たる触手に言葉を詰まらせてしまう)


117 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/21(土) 23:52:58.44 ID:9P8LtE9V0
>>115
いろいろ書きとめるほどにご期待を…
これはこちらも心してレスをお返ししなくては…

>最初のレスだけは早いですが、もう少し遅くなるかもしれません
ちょっと安心しました。 私はどちらかと言えば遅い方なので、このペースだと追いつけなかったので。

では、改めましてよろしくお願いします。
……エグいの期待してますっ。



118 淫魔の触手 投稿日:2012/01/21(土) 23:58:37.88 ID:bOBMLReB0
ほうほう、まだそんな口が聞けるとは。
さすがにたった一人でわれら一族全てを相手にしようとしただけのことはあるな。
ただの人間の女は食い飽きたところだ…最高の獲物として扱ってやろう。
(どこからか意地悪く嘲笑する気配が伝わってくる)

それにしてもリーネよ…お前の魔力は美味いな…そうら…吸い取ってやるぞ
(乳首の先に群がった触手が、ペニスの鈴口で固くなった先端にいくつも吸い付いて…粘液で汚しながら
 残り少なくなったリーネの魔力を吸い上げる)
(亀頭の鈴口には細かな歯がならび…リーネのピンク色の乳首に残酷に吸い付き、鋭い快楽を与えていく)
よく見ればまだ小娘ではないか…十五年も生きていない貴様が、これほどの魔力を持っていたとは。
魔法少女という連中は侮りがたいな。だが貴様が滅びればそれも終わりだ。
(リーネのスカートの中で太ももを締め上げている触手が、少女の秘部を探し当て…下着の中に次々ともぐりこむ)
くくく…やはり魔力を奪い取るならここからだな。
(複数のペニス触手が、クリトリスを取り囲み、ゆっくりと近づいていく)


119 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 00:00:26.43 ID:Hj2kFGQZ0
>>117
あー。私けっこう急いでしまってます、まだw
もっとゆっくりでもいいぐらいですから、リーネちゃんは慌てないで。

120 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 00:13:06.77 ID:7erTvWJJ0
「食い」…「飽きた」…? ゆる…っさない…、絶対にっ!!
(幼さの残る可憐な顔を怒りに染めて虚空を睨みつけるけれど)
んっく、んんんっ…、こんな…、これくらい…っ…
(すこしツンとなりはじめた乳首を執拗に吸われ、粘液を塗りこめられ、すぐに何かをこらえる表情に変えられ)
……、くぅ…これ以上魔力吸われたら…、反撃が…
っ!! きひぃ…ッ!!
(むずがゆい責めの中、唐突に刺激が走り、悲鳴を上げる)
ん…、くぅ…、痛…、んぁ!!
(乳首に噛みつかれ、苦痛をこらえる、そうしている間にも、脚のほうでは秘部に触手が殺到し、)
…あ、あぁ…、そこ…は…、あぁ…、だ、だめぇっ!!
(反射的に、残り少ない魔力のいくらかをクリに迫る触手に集中させ、僅かにそれを退ける)

121 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 00:20:54.57 ID:7erTvWJJ0
>>119 できるだけがんばります。

122 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 00:21:21.98 ID:Hj2kFGQZ0
ちょっとサーバーが重い…また落ちそうかな?
書けなくなったらまた、連絡しますから…

123 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 00:24:49.90 ID:7erTvWJJ0
ですね、今日はなんだか繋がりにくいです。

124 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 00:32:05.29 ID:Hj2kFGQZ0
反撃が…何だと?出来るものならしてみるがいい。それもまた良い味付けだ。
そらどうした。ここに吸いつかれては、さすがの魔法少女も今度こそおしまいだぞ。

(わざとクリトリスには吸い付かず、リーネの肉ひだの内側に生臭い先走りを塗りつけていたペニス触手)
(その言葉とともに…ぐぐっ、っとリーネの秘唇を先端で押しつけながらクリトリスにせまって)
(ぐちゅっ、と音を立てて吸い付いていく)

無駄だったなあ…?こうなってしまってはもう、吸い取られるだけだ…こんな風にな!
(次々と触手がクリに吸い付き、ぷちゅっ、じゅじゅっ、っと淫猥な音を立てて少女の肉粒を輪姦する)
(最初の触手がクリの皮を丁寧に剥き…綺麗に露出したピンクの肉粒を、次の触手が残酷に歯でしごき)
(少女への陵辱に狂っているようでいて、実に陰湿に、丁寧に肉粒をしごき、汚し、最後には全ての触手が吸い付いて)
吸い尽くしてやる…残酷な快楽に苦しむがいい
(じゅ、じゅっ、っと音を立てて…愛液とともに、魔力を徹底的に吸い上げていく)

125 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 00:51:33.07 ID:7erTvWJJ0
はぁ、はぁ……、くぅ…、わたしの攻撃魔法が…この程度だなんて…
(予想以上に魔力を吸われていて、処女を守ろうとした止むをえない攻撃にさえもう威力がなく)
(あとは、身体能力を維持する程度の魔力しかなく、疲労感とともに絶望感が芽生えていく)

んっ…んぁ…、あ、あ…、あ…
(もう反撃もない秘部を触手が這いまわり、うめき声を上げる)
(倒すべき敵の、おぞましい触手に弄られているというのに、嫌悪感のなかにかすかな違和感があって)
(自分の指ですら、かつて触れた時、衝撃の強さにこわくなって以来、殆ど触ったことのないクリ)
(あえてそこに触れられずにいるのに、なぜかそこが、その違和感の出所に感じて)
……っ!? きゃぁあああぁぁぁ!!
(ついに、そこに吸いつかれた時、戦士ではなく少女としての甲高い悲鳴が響く)

あっ、あっ、あぁあっ!! なに…、これぇ…、いやっ、いやぁあぁっ!!
(一番敏感な肉粒を、蹂躙され、拘束された手足をもがかせ)
(びくびくと背中ののけぞらして痙攣させて悶え、涙を滲ませている)
はぁ、はぁはあぁ…、ひぐっ! んくぅぅぅ!! んああぁぁぁぅあ!!
(荒々しくも、繊細に少女の性を責め立てる触手に、達してしまい、また魔力を吸われていく)

126 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 01:09:26.10 ID:Hj2kFGQZ0
くくっ…少しばかりの魔力を弱点のガードに回したようだが…人間どもの言い方で言えば蟷螂の斧だな。
(リーネののどから発せられた、残酷な快楽への抗議の悲鳴を明らかに楽しみ)
お前の身体を楽しむためのちょっとした香辛料というところだ、この程度ではなあ。
(少女の肉粒を残酷に扱き上げ、細かい歯で噛み締め、いたぶって)
(リーネが痙攣を起こすまでしつこく愛液と魔力を吸い上げても、触手たちは無残に苛め抜かれた
 クリに吸い付いたまま離れようとせず)
ふむ、達してしまったか。なるほどその年齢では…いや、この時代ではお前の歳では未経験が当たり前か。
安心するがいい。男を受け入れたことが無かろうと…淫魔たる我等にかかれば、
存分に快楽を味わうことが出来るだろう。滅びる前にたっぷり堪能させてくれるわ…

ガーシム!!
(いつの間にそこに立っていたのか…甲殻類…カニを大型化したような魔物が、リーネの背後に姿を現し)
その娘にたんとプレゼントしてやれ。お前の自慢の催淫毒をな。
(たとえ恐怖にリーネが暴れ出そうにも、他の触手たちが手足にいやらしく巻きついて自由をうばい)
(ガーシムと呼ばれた黒い甲殻類の魔物が、少しばかりの攻撃では傷一つつきそうも無い、
 黒光りする脚でリーネをがっしりと後ろから抱きしめると)
覚悟するがいい…ガーシムの淫毒は強烈だ。元には戻れんだろうな。くくっ…
(ガーシムの腹部から先端に亀頭触手とは違う歯のついた触手が伸び…リーネの秘唇に吸い付くと)
(歯を肉の内側に食い込ませて…淫毒を注入していく)
どうだ…魔物の女でも淫の気に狂う魔界の毒だ。たっぷり味わえ…

127 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 01:31:48.10 ID:7erTvWJJ0
はぁ、はぁ…、今の…は、なに…、頭のなか、白くなって…
ひぅ…、んぐ、あ、あ、あ! んぁああぁ、やめ、いやぁああっ!!
(リーネ自身初めての絶頂、快感に埋め尽くされた思考に、戸惑い、)
(訳が分らぬまま、クリをいたぶりぬく触手たちは止まることもなく、立て続けにいってしまい、ぐったりと崩れる)

あ…、あぁ…、ひっ!?
いやっ、いやぁっ!?
(突如背後に現れた殺気に怯え、手足を振り乱すが、触手の拘束の前に空しく、)
きゃふっ、やめ…っ、はなして…っ!!
(柔らかい触手での拘束と異なり、硬質で冷たいガーシムに抱きつかれ恐怖に身悶えし)
く…くぅ…えいっ、えい…っ!! いやぁああっ!!
(手のひらをガーシムに向け、魔法を撃とうとするも、もう魔力もなく、なにも起こらないまま…)
んああっ!! あ、やめ…やめてぇ…!!
あっ、きゃあ! 痛いぃ!! やめ…、ひぎぃ、がぁああああぁぁああっっ!!
(絶頂後の敏感なそこを分け入られ、歯を立てられ悲鳴をあげるけれど、)
(ほんとうの絶叫はその直後に、超絶な催淫毒を流しこまれ、全身をむしばまれながら鳴き叫ぶ)


128 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 01:44:16.45 ID:Hj2kFGQZ0
良い声だな。お前のように価値のある娘の悲鳴はこたえられん。
(ガーシムは少女の肉に毒液を注ぎ込むことで雌と交尾しているかのように振動し)
(まるで少女を犯して快感を得ているようにさえ見える)
ガーシムもお前を汚すことに快楽を感じておるようだな。
こいつの種族は交尾時にメスを毒で麻痺させるのでな…お前をメスに見立てておるのだろうよ。
(毒を注入する間、リーネを締めつける触手たちはいっそう激しく、太ももの内側や胸のふくらみを扱き上げ)
(激しすぎる、深すぎる毒の快楽にリーネが身体を痙攣させると、やっとガーシムが離れる)

それだけ淫毒を打ち込まれれば、お前のような少女でも充分に男との交わりを楽しめるだろう…
もっとも相手をするのは人間の男ではないが。
では健気にも我等淫魔の一族に戦いを挑んだ可憐な魔法少女、リーネの処刑を始めようか!!
(あるものは空間を引き裂くように…またあるものは空気の中から墨汁が染み出してくるように)
(実に混沌と、多彩かつ個性的な魔物たちが次々と姿をあらわし…)
(リーネの肩をつかんで後ろから羽交い絞めにするもの…手首をつかんで、触手の先にある亀頭におしつけるもの)
(足首をつかんで足の指先を口に含むもの、太ももをなで、粘液で汚され尽くした愛らしいスカートの裾をたくし上げるもの)

(そしてとうとう、魔物の中でも特に逞しい一匹が、魔法少女の脚の間に割り込み…
 すでに射精したあとかと思えるほどに白く濁った先走り汁を滴らせた亀頭を、穢れを知らなかったはずの秘唇に押し当てる)
リーネよ、覚悟は出来ていると言っておったな…言葉通り受け入れるがいい…
(聞き覚えのある声が逞しい魔物の口から放たれる…どうやら、この魔物こそが淫魔の主だったようだ)
(最初はゆっくりと白濁した汁を、毒でしびれた秘部にこすり付けて汚し)
(逞しい尻をゆっくりと沈め、とうとう少女の中に充血しきったペニスを沈めていく)
(膨らみきった亀頭が少女のヒダを残酷に掻き分け…容赦なく、カリでえぐっていく)

129 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 02:19:30.06 ID:7erTvWJJ0
あっ、ぎぃ…っ、あぁぁあぁあああああぁぁーーーーーっ!!
(さんざんにクリトリスを弄られた絶頂後の敏感な媚肉…)
(歯を立てられ毒を注ぎ込まれるだけですら、耐えがたい苦しみであるのに、)
(交尾のように激しく注毒触手を突き動かされ、悲鳴は声がかすれるまで続く)
あ、あ、あ…、あぁ、あが…っ、あ、あぁ…、あ、ぁ…、熱い…、熱いよ…、
私、体…、おかしいよ…、あ、あぁ…、んんっ!!
(淫魔の声も遠く、毒にむしばまれ、次第に体の感覚が狂っていく。)
(毒が全身に回ったことは、胸や内腿を這いまわる触手を異常に敏感に感じてしまうことで思い知らされる)
(そして、それに感じ体を激しく揺さぶることで、さらに毒のまわりを早めるという悪循環に落ちていく)

…かッ! ……はッ、あっ…あ、あ…ッ!
(最後には、大きく目を見開き、口も大きく開けて、発情したメスのように涎は垂れるまま…)
(上の口だけでなく、秘部からも、愛液が滲みだし、太ももを伝って、床に丸いシミを落とし)
(ようやくガーシムが離れると、糸の切れた人形のように触手に絡まった体を荒い息で上下させている)

あ、はぁ、ぅぁ…、あ、ぁあ…「しょ…けい」…?
ひっ!?
(半ば放心状態であったが、次々にわきだす淫魔達の発する気配に、)
(魔法少女としての本能的反応で、自我を取り戻す)
(けれど、どうしようもなく、体を自由にされていく)
あぐ…、痛…、いや、はなし…て、きゃああぁ!
(防御結界のほとんど薄れた今、淫魔の羽交い締めすら、強烈な苦痛を生み)
くぁ…! いや…、いやぁ……っ!
(無理やりに亀頭を押し付けられる手のひらは、その粘性がたまらなく不快で)
んひっ! はぁ、そんな…こと…、んんんんっ!
(足の指を舐められるという、異常な愛撫に、その細い脚を震わせて悶え)

…はぁ、あ… あぁ…、あ……
(脚を割り開いた淫魔に対しては、もう恐怖に顔を歪め、歯はカチカチを音をたて、涙が絶えず零れおちていて)
や、やめ…、おねがい…、もう、やめ……ゆる…んああぁっ!?
痛…い、やめ、やめてぇ…っ、あぐっ、いぎっ、きゃああぁああぁああああっ!!
(「痛い」と感じたのは最初だけ、それ以降は、ただただ脳を白く焼きつくすような激痛に絶叫する)

130 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 02:31:54.67 ID:Hj2kFGQZ0
(ずっぷりと少女の膣内にペニスを沈め…目を細めると)
たとえ人間の娘でも、あれだけの魔力を扱えるほどのモノともなれば…なるほど、これはたまらんな。
(リーネの初めて男性器を受け入れたその部分はただでさえ締め付けが強い…)
(そのまだ硬さの残る少女の肉を残酷にえぐり、白く濁った汚液を滴らせた亀頭の先でヒダを押し広げて汚す)
(経験が無かったはずの少女の肉体でありながら、淫魔の主の硬直しきったペニスは激しい快感を与えられ)
(リーネの身体を汚しきり、体内の隙間の一つ一つまで粘液を染みこませなければいられない)
(そんな残酷な衝動に駆られ…いっそう、深く少女の肉の中をぬるぬるした亀頭の先で、つらぬいて)
むむ、う、リーネよ…素晴らしい身体をしておるな…(自らのごつごつした亀頭で少女の身体を深く犯す快感に表情が歪み)
お前にももっと残酷な快楽を与えてやらねばな。
(酷薄な笑いを浮かべると、リーネの体内の硬直しきったペニスの表面にこまかなイボイボがびっしりと浮かび上がり)
(淫魔の主のねばっこい腰使いにあわせてリーネの肉ひだを残酷にかきむしり…塗りつけられた先走り汁を泡立ててしまう)

(淫魔の主の残酷なセックスでリーネが声をふるわせ始めると、後ろから両肩をつかんでいた魔物は
 リーネがより深く犯されるように、残酷に少女の肩を下に押し込むようにしてペニスを深く受け入れさせる)
(それによって少女が声を上げると、楽しむように後ろから首筋を舌で舐め上げる)
(つらぬかれて身体を痙攣させる魔法少女の太ももには触手が群がり…相変わらすクリトリスを扱き上げ、愛液をすすり上げる)

いい具合だぞ、魔法少女よ…
(リーネの体内で淫魔の主のペニスの速度が上がっていく…明らかに、少女の体内に汚液を注ぎ込む瞬間が近い)

131 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 02:59:35.10 ID:7erTvWJJ0
あが…っ、ぎ…いッ、あ、あぁ……っ……
(主によって処女は散らされ、小さな秘唇に野太い性器が埋め込まれている)
う、うぅ…ぐす…、う…ぁ…えぐ……ッ。
(破瓜の痛み、心と体の両面を深くえぐられ、すすり泣きを漏らす)

ぬい…て…、こんなの…いやぁ…
(もう戦意のかけらもなく、弱弱しく泣くけれど、凌辱はこれで終わるはずもなく…)
あっ、ああっ! 痛…、んぁぁっ、やめ…、動かないで…、お願いっ、きゃぁぁあ!!
(処女を失ったばかりのそこは、まだ痛みがあり、激しい蠕動に鳴き叫び)
(しかし、その一方でガーシムの催淫毒により、その身を貫かれることに快感をも受けていて)

やだ、やだ、やだぁ…っ! きひ…っい、んあぁああああっ!!
(快感とは言え、未成熟な少女にそれは、決して心地良いものでもなく、凌辱の苦痛に悲鳴をあげ)
(ようやく、その苦痛を辛うじてこらえるくらいには理解できた時、膣内を無数のイボが現れかき回され、さらに大きな声を鳴らす)

いや、いやぁ、これ、これだめぇ、やめ、おかしく…なるっ!
助けて、助けてぇ!!
(無数のイボは、膣内の性感帯すべてを愛撫し、未熟なリーネを快楽に沈め)
(幾度となく絶頂し、痙攣しては、気を失いかけては、凌辱に呼び覚まされ、誰もいるはずのない助けを求め)

いぎぃ! あああああぁぁあぁぁぅぁぁああぁっ!!
(無論助けなどあるはずもなく、逆に周囲の魔物の輪姦を呼び、半狂乱になって淫魔達の間で小さな体を暴れさせている)

132 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 03:11:38.78 ID:7erTvWJJ0
遅いレスで、ごめんなさいです。

というか、そろそろリアの体力も厳しくなってきましたので締める方向で…

133 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 03:20:02.70 ID:Hj2kFGQZ0
痛いか…?仕方あるまい。散々我が眷属の命を狩った罪をあがなって貰わねばな。
だがその痛み、まだ痛みのほうがましだったと思えるほどの快楽にすぐに変えてくれるわ…
(ペニスの表面にびっしりと生えた、コリコリしたイボは少女から奪った魔力を
 逆流させて苦痛を和らげ…逆にガーシムの淫毒の効果を高める魔法効果を膣内に広げてしまう)
(泡立つペニスの汚液がリーネのひだにペニスのいぼでブラシのようにじゅぶじゅぶと塗りこまれ、扱き上げていく)

(リーネが快楽に身体を反り返らせ始めると、いつのまにか二匹に増えたガーシムが
 少女の両脇から,粘液で太ももにまとわりついたスカートの中に触手を滑り込ませて)
(多数の触手が絡みつき、輪姦され続ける肉粒に、両側から二本同時に強引に吸い付くと…)
(今度はその小さな肉の粒に、強制的に毒を注入していく)
リーネよ、お前が良い声を出しおるからガーシムたちも、他の魔物もすっかり欲情しておるぞ。
堪らんだろう、犯されながらさらにクリに淫毒を注ぎ込まれるのは。
(少女がいかに残酷に犯されているかを言葉による責めで理解させ、被虐の快楽を煽り)

注ぎ込んでやろう、お前の胎内を汚すためにたっぷりとな…!!ぐうっ…!!
(淫魔の主ですら、魔法少女リーネの清純な胎内を精液で汚す快楽にうめき声を上げて快楽を示す)
(少女の胎内に固形化するほど濃い、白い汚液がびゅくびゅくと流れ込んで…)
(肩をつかんでいる魔物が、リーネが腰を動かせないようしっかりと上から押さえつけて受精させる)
たっぷり受け止めてもらうぞ、魔法少女よ…むうっ(さらにひだを掻き分けるようにして奥にネットリと吐精する)
(ねばつく白濁が少女のスカートの奥でたっぷり注入されたのを確かめるように、触手たちが太ももを締め付けてふるえている)

134 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 03:21:36.58 ID:Hj2kFGQZ0
>>132
いや、サーバーが重いので仕方ないです
そろそろ締めですね、もうきつかったら次で終わっていただいても
大丈夫です。後始末しておきますw

135 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 03:54:34.58 ID:7erTvWJJ0
あ! あぁ! んぁああぁっ! あぁあああっ!!
(全身を快感に苛まれ、思考が白く焼き切られていく)
(淫魔たちに押さえつけられていてさえ、痙攣反応によりびくびくと背をのけぞらし、あごを伸ばして身悶えていて)
(淫魔の主の一かきごとに甲高い嬌声をあげ、秘部からは少し血の色の残る愛液が掻き出されていく)

きゃああぅ! ひぐぅ、やぁああぁぁあああああっ!! いやぁっ!!
(いつのまにか左右にガーシムがいることなど、気づきもしないほど、思考も視界もまっ白になtっていたが)
(クリに吸いつかれ、再び毒を注がれてはじめて、その狂おしいほどの効果とともにその存在を思い知らされ)
(媚薬に侵され、精神を蹂躙され、悲鳴を上げるため、満足に呼吸もできず、肉体的な限界もちかい)

も…、やめ…、それ…ゆ…して…っ、いやぁっ!!
(淫魔の主の仕草、背中を押さえる淫魔の動き、その時が近いことを察し)
(恐怖に歪んだ顔、声で叶うはずのない哀訴を叫び)

だめ、だめ、だめなのっ、いやぁぁぁぁああっ、あぁああああああああああああああああっ!!
(灼熱のように熱く、高い粘性により異常な存在感の白濁を吐きだされ絶叫し)

ーーーーーーーーーーーーっ!!
(途中からは声もなく、見開いた瞳の瞳孔は収縮し、全身をのけぞらせたまま何度も痙攣をおこし)
ぅ…、あ…、ぁぁぁ…、 あ、あぁ……
(最後には全身の力が抜け、がくりと崩れ、放心し、うつろな瞳をどこを見るともなくおよがせいて)
(時折、余韻の痙攣が起こるたび、注ぎ込まれた大量の白濁があふれだす)

【すいません、こちらはこれで終わりにします】
【あとは殺すなりさらに慰みものにするなど、お好きな結末をお願いします】
【できるだけ見届けようとは思います】




136 魔法少女リーネ 投稿日:2012/01/22(日) 04:07:05.67 ID:7erTvWJJ0
【体力的にだめみたいなので、誠にすみませんが、お先に失礼することをお許しください】
【遅くまでお相手くださいまして、ありがとうございました。】

【わたくしには勿体ないくらいのお相手でした。】
【ありがとうございました。】


137 淫魔の触手 投稿日:2012/01/22(日) 04:08:16.38 ID:Hj2kFGQZ0
充分に受け止めたようだな、リーネよ。
(少女の胎内から未だに硬直したままのソレを引き抜くと、満足げに笑い)
だがお前の贖罪はこれからだ。淫魔たちよ、この娘を存分に味わうが良い
だが殺してはならん。消耗しようが気がふれようが、そのたびに魔力で正常に戻し…
そして再びの処罰を繰り返し続けるのだ。

(魔物たちがリーネに群がり…まだ力の入らない身体を回復させるために魔法を使い始める)
(リーネは再び回復するだろう)
(だがそれは再度、陵辱を受けるための回復でしかない…)
(壊れることも出来ず、永遠に淫魔の牢獄に囚われ、犯され続けるのだ)

【こんな時間まで本当にありがとう、リーネちゃん】
【リーネちゃんの中にたくさん射精して淫魔の私も満足しました】
【もしまた逢えたら、声かけるからね】

【おやすみ、本当にありがとう】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/04/13 02:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。