VC PTN 2937614 援助交際めちゃはめムービー

2ちゃんねるスレH・エロ会話まとめ

2ちゃんねるのスレH・エロ会話をまとめたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隣の奥さん 77


229 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 22:16:15.68 ID:jWJ4Svyh0
仲の良いお隣さんから迫られたい奥さんいませんか?

230 美砂 投稿日:2012/03/27(火) 22:21:29.78 ID:w2fI0mi/0
こんばんは、よろしければお願いします
ご希望の設定などはありますか?

231 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 22:25:10.94 ID:jWJ4Svyh0
お願いします
そうですね、旦那のいない時に何かの手伝いに来て…とか
旦那が酔って寝てる隣で…
なんてどうでしょう

232 美砂 投稿日:2012/03/27(火) 22:30:16.00 ID:w2fI0mi/0
どちらも魅力的なシチュですねw
…では、主人の留守中にお越し頂けますか?
女手では出来にくい事をお願いしてみます

書き出しお待ちしていますね

233 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 22:38:55.46 ID:jWJ4Svyh0
どうされたんですか?
(不意に電話で呼び出され、美砂の家の前に来る)
あれ?今日は旦那さん留守なんですね…
ウチも家内が友達と旅行でいないんですよ
(他愛の無い話をしながら中に入る)
それじゃ、何をすればいいんですか?
力仕事なら任せてください

234 美砂 投稿日:2012/03/27(火) 22:48:31.39 ID:w2fI0mi/0
あっ、髙橋さん…!
(パタパタとスリッパの音を立てて玄関に来ると、困り切った顔で)

ううん、力仕事じゃないんです
あの、今電気店に修理に出してたテレビが届いたんですけど
ここに書いてある通りに配線繋いでも、全然つかなくって…
主人は今日も帰りが遅いし、疲れて帰ってきてる人に頼みにくくって
ごめんなさい、呼び出しちゃって
(申し訳なさそうに髙橋さんをリビングへ誘って)

ここなんですけど…
(テレビの前にひざまずくと、後ろを覗き込み配線を確認してから、首を捻って振り返る)

235 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 22:54:37.58 ID:jWJ4Svyh0
あ、そうなんですか…
(美砂がしゃがみ込んだ瞬間、チラッとスカートの中が見えてしまう)
それじゃ、ちょっと見てみますね?
(そう言うと説明書とテレビの配線を見比べる)
えっと、アレがこうなってて…
あ、美砂さん、ここの配線逆になってますね
(そう言うと配線を元に戻す)
コレで良い筈ですよ?

236 美砂 投稿日:2012/03/27(火) 23:03:37.46 ID:w2fI0mi/0
えっ、私間違えてたかな…本当ですか?
(髙橋さんの隣でもう一度説明書を見ると、大きく目を見開き)
(膝で歩いてリモコンを取り、スイッチを入れる)

あっ……やだ、ついた!w
(画面が明るくなると、ぺたんと床にあひる座りをして)
(バツが悪そうに髙橋さんを見て、声を上げて笑って)

もう、私ったら…ほんとにすみません
でもよかったです、これで今晩ドラマの録画が出来…そうだ、よかったら少し晩ご飯食べていかれませんか?
ほんのわずかですけど、お礼させてください
(言いながら立ち上がり、キッチンに向かう)

237 な 投稿日:2012/03/27(火) 23:08:16.72 ID:Gxxf8QiE0
てす

238 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 23:12:44.35 ID:jWJ4Svyh0
赤と白の配線が逆になってただけですね
いえいえ、困った時はお互い様ですよ
(そう言いながらスカートの中を気付かれない様覗き込む)
えっ、良いんですか?
それじゃ、遠慮なく…
でも、私は晩ご飯を頂くより、美砂さんを食べたいんですけどね…
(そう言うとキッチンに向かう途中の美砂を後から抱きしめる)


239 美砂 投稿日:2012/03/27(火) 23:24:01.98 ID:w2fI0mi/0
もうね、電気とかほんとダメなんです私
髙橋さんがいて下さって良かった…
そうそう、奥さんいいですねー、旅行はどち、らへ……っ…!
(不意に抱きすくめられると目を瞠り、身体を固くして立ち止まり)

……や、たかはし、さん…何?どうしたんですか?
どうして…?…いや、やめて…
(震える声で制止すると、身体に巻き付く逞しい腕を剥がそうとしてもがいて)
(ダメって言うように左右に何度も首を振ると…髙橋さんを振り返り困惑した目で見つめる)

240 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 23:30:12.03 ID:jWJ4Svyh0
あんな単純な間違い、普通するわけ無いじゃないですか…
私を家に連れ込む口実だったんでしょ?
(そう言いながら美砂の身体を撫で回す)
私も美佐さんの事を抱きたくて仕方なかったんですよ…
(振り返る美砂の頭を押さえつけると、そのまま唇を奪い舌を絡める)

241 美砂 投稿日:2012/03/27(火) 23:42:29.80 ID:w2fI0mi/0
えっ…連れ込むだなんて、そんなこと…
髙橋さんのことは素敵なおじさまだな、ってずっと…憧れては、いま、……ぁっ、だめ…
(身体の曲線に沿って大きな手が這うと、思わず目を瞑って身体を震わせ)
(うなじを通り、髪を震わせる熱い吐息を、肩でぬぐうようにして)

だって奥さんが居るじゃないですか…抱きたく、なんて…あっ……ん、んっ!
(激しく唇を奪われると、膝が震えて…髙橋さんの胸を押してどけようとしていた手からも力が抜け始めてしまう)

242 高橋 投稿日:2012/03/27(火) 23:52:28.92 ID:jWJ4Svyh0
素敵だと思ってくれてたんですね?
(舌を吸い取るように口を離すと、そのまま耳を甘噛みする)
私は美砂さんを始めて見た時からこうしたいって思ってたんですよ…
(そう言いながら胸を揉みしだく)
家内とはもうそんな関係じゃないんですよ…
友達と旅行なんて言ってますが、誰とナニをしてるんだか…
あれ?もう抵抗しないんですか?
やっぱり美砂さんも私とこうしたかったんですね?
(再び唇を重ねると、美砂の身体を撫で回しながら服のボタンを外し始める)

243 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 00:07:11.36 ID:3WJkxNDM0
主人よりもずっと、落ち着いてて…何でも話せて頼りになって…って思ってました
でも…こんな事は…私だって主人が…ぁ、…っ
(耳から電気のような痺れが走ると、思わず喉を反らし髙橋さんの胸にもたれ掛かり)

も、もう、からかうのはこの位で、よしてください
今日はもう帰って……おねがい…もう、やめて……ん、……んっ
(自分の胸に太い指が食い込むのを見て動揺し、目に涙を浮かべながら懇願する)

あっだめ、見ないで…っ
(ブラウスの間から白い胸の谷間が現れると、切羽詰まった声で)

244 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 00:18:15.25 ID:Eq9MPEw40
今は旦那さん居ませんよ?
それに、美砂さんホントは感じてるんですよね?
甘い声出てますよ?
(そう言いながら首筋を舐め回す)
冗談でこんな事出来ると思いますか?
本気で美砂さんの事抱きたいって思ってるんです
(そう言って唇を重ねて舌を絡める)
思ってた通りキレイなおっぱいですね…
(ブラをたくし上げると露になった胸を揉み回す)
それじゃあ、旦那さんが帰ってくるまでにしますから…
旦那さんに電話して何時帰るか聞いてくださいよ
(そう言うと机に置いてあった美砂の携帯を掴むと、旦那の番号に掛けてしまう)

245 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 00:35:49.41 ID:3WJkxNDM0
私今まで一度だって、浮気とか…したこと、ないんです
髙橋さんも、知ってるでしょう?主人がどれだけ私の事、大事にしてくれてるか…
裏切るなんて、できな…ぁ、ん…っ
(髙橋さんの口づけた首筋から唇から舌から、甘い痺れがわいてきてどうしようもなくて)
(だんだん呼吸が速く、吐息が浅くなって、気がつくと髙橋さんの腕をぎゅっと握りしめて
夫にしか聞かせた事の無いような声を漏らしていて)

ああっ…いやぁ…見ないでっ
(目の前で量感のある胸が、薄く色づいた乳首がぐにぐにと形を変えるのを見ると
混乱して訳が分からなくなって、その乱れた気持ちが身体の奥底に火をつけて)
(頬から鎖骨まで桜色に火照らせながら、髙橋さんの前で身体を揺らしはじめる)

えっ、主人に?あっ勝手にっ……あ、もしもし…私、あの…
(しかし突然の申し出に一瞬息を飲んで、こくっと喉を鳴らすと慌てて電話を取り)

246 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 00:48:59.97 ID:Eq9MPEw40
そうなんですか?
美砂さんは近所の男達に隠れた人気者だったの知らなかったんですね?
(そう言いながら美砂の乳首を摘んで引っ張る)
美砂さんは貞淑なんですね…
でも、身体の疼きはもう治まらなくなってるんじゃないですか?
私はさっきから美砂さんのエッチな身体のせいでこんなになっちゃってますよ?
(そう言って美砂の片手を掴むと、勃起した一物を握らせる)
「ほら、早く何時帰るか聞いてください」
(電話を取る反対側から小声で囁く)
(電話の途中にも美砂の胸を責め続ける)

247 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 01:06:47.28 ID:3WJkxNDM0
私なんてそんな…
髙橋さんの方こそ、ファンが多いんですよ
優しくて雰囲気あって奥さん羨ましいわねって、ぁ…ぁ…ん
(髙橋さんの指先から鋭い快感が降りてくる度に、切なげに声を上げていたが)

きゃあっ!
あ…す、ご……い……っ、あ、悠?ぁ、っ…わた、しだけど、んっ…
(手を取られ、灼けそうな程熱いものを握らされると、夫の物とは比べものにならない感触に
どきん、と心臓が跳ねる)
(愛する夫に気を遣い、乱れた息を整えようと焦れば焦る程、逃げ場のなくなった甘い疼きが身体中を貫いて)
んっ…なんでも、ない、大丈夫よ…っ、ん…
あぁ…っ、悠っ、今夜なんじ、に、かえる…ぅっ…?


248 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 01:14:02.46 ID:Eq9MPEw40
美砂さん、イケナイなぁ…
どうして高橋にレイプされてるって助けを呼ばないんですか?
(そう小声で囁きながら、ブラウスを完全に脱がして乱れた下着姿にしてしまう)
やっぱり私と同じ事考えてるんですね?
(そう言ってショーツ越しにおまんこを指で擦る)

249 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 01:27:09.47 ID:3WJkxNDM0
(息を切らしながら電話を切ると、手から音を立てて携帯が床に落ちる)
あっ、そっ…それは…
(髙橋さんの指摘に声を失って口ごもり、真っ赤になって)
(もう脚を閉じようとしても、自分ではどうにもならなくて…なされるがままに半裸の姿で身悶えし)

悠、ゆるして…わたし…も、だめぇ…っ…!
(真っ赤な顔で髙橋さんにしがみつく)

250 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 01:38:00.50 ID:Eq9MPEw40
旦那さんが帰るのは深夜みたいだし…
たっぷり愛し合えますね…
(そう言うと美砂を抱きしめ唇を重ねる)
美砂さん…舐めてくれますよね?
私も美砂さんのを舐めたいですよ
(お互い全裸になると仰向けに寝転がり、美砂を上にしてシックスナインでおまんこを責め立てる)
美砂さんのおまんこ、とっても美味しいですよ
(ビチャビチャ音を立てながらおまんこを舐め回す)

251 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 01:54:22.91 ID:3WJkxNDM0
ああ…たっぷりだなん…ぅ、んっ
(唇が燃えるようなキスに、背筋まで蕩けるような思いで髙橋さんにすがりつくが)

いやぁっ…!
舐めるって、まだ、お風呂入ってないから…イヤっ、見ないでぇっ…そこは…っ、ぁっ、ぁ…!
(裸体を軽々と持ち上げられ股をくつろげられると、
髙橋さんの目の前で、桃色に充血したそこを小さく震わせ…髪を振り乱し喘ぎ)

ああっ…こんなこと……んん、くちゅ…ん、ぐっ…
(目の前の雄々しいものに引き寄せられるように唇をつけ、舌を這わせ、吸い、飲み込んで)
(いつの間にか夢中で髙橋さんの腰を掴んで、息苦しそうに首を振って)

252 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 02:06:49.43 ID:Eq9MPEw40
お風呂は後で一緒に入りましょうね
美砂さんのおまんこ、トロトロになっててキレイですよ…
(指でおまんこを広げ、舌をおまんこにねじ込む)
舐めても舐めても美味しいジュースが溢れてきますよ?
(舌でクリを刺激しながら指を上下に出し入れして責める)
美砂さんの口マンコ、とっても気持ちいいですよ…
毎日旦那さんので練習してたんですか?
(そう言いながら美砂のお口の中でビクビクと一物が震える)
出しますよ?飲んでくださいね…
(そう言うとドクドクと美砂の口内に精液を放つ)

253 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 02:25:44.78 ID:3WJkxNDM0
ぁぁ髙橋さん…
おねがい言わないで、はずかし、ん……ぁっぁっ…だめ、きちゃう…っ、ああっ
(女性を知り尽くした舌と指の動きにたえきれず、太ももを震わせながら軽く達してしまう)

練習なんて…ああ、ん、ぐふっ…んぐっ
(混濁した意識の中で口が裂けそうな程膨れあがったものが喉奥をつくと、
もう息が出来なくて苦しくて涙が溢れてきて)
(額に胸に汗を光らせながら、頭を動かすと、口内が熱いもので満たされて)

ふ、ぐ…っ
(真っ赤な頬を膨らませたまま、髙橋さんを見つめ…唇の端から白い液をこぼしながらつらそうに、少しずつ飲み込み)
(全部飲み終わったと同時に覆い被さるように髙橋さんに抱きつく)


254 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 02:38:28.53 ID:Eq9MPEw40
美砂さん、イキましたね?
おまんこヒクヒクして指を離してくれませんよ…
(イッた後も美砂のおまんこを舐め尽す)
美砂さんの口マンコ気持ち良過ぎて直ぐに果てちゃいましたよ…

全部飲んでくれたんですね?
嬉しいです…
(一度出したにも関わらず、一物は固く大きいまま)
積極的なんですね…
(抱きつかれると美砂の身体を愛撫しながら唇を重ねる)
そんな美砂さんも素敵ですよ
(美砂を抱きしめながら身体を入れ替えると、美砂の脚をM字に広げる)
それじゃ、美砂さん入れますよ?
(そう言うとズブズブと一物を奥までねじ込んでいく)

255 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 02:54:25.99 ID:3WJkxNDM0
髙橋さん…わたし、飲んだの、初めて…あっ…ぁ、ぁん…っ
(呼吸を整える間もなく、熱く蕩けた部分を柔らかい舌が這う感触に、もどかしそうに腰をくねらせ)

ああ、もう…っ、おねがい、美砂に、き…てっ、
あっ…きっつ…!
(初めて受け入れる髙橋さんのものの、あまりの圧迫感に一瞬声を失い)
(宙に浮いた脚を震わせながら、罪悪感の中から込み上げる、焦げ付くような快感に熱い吐息を漏らす)

256 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 03:05:35.68 ID:Eq9MPEw40
飲んだの初めてだったんですか?
嬉しいなぁ…
そんなに私の精液美味しかったんですか?
(そう言うと美砂の身体に覆い被さり唇を重ねる)
おまんこでもたっぷり私のを味わってくださいね?
(そう言うとM字に開かせた美砂の膝を押さえ付けながらズンズンと奥を責めるように突き始める)
美砂さんのおまんこ、トロトロなのに締め付けてきてホント気持ち良いですよ…
(そう言いながら美砂の片脚を肩に掛けて体位をずらして突いていく)

257 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 03:17:35.34 ID:3WJkxNDM0
し、主人は…あまり、口ではしない、から…っ
(ふと夫の顔を思い浮かべると、背徳感がこみあげてきて
なのに余計に繋がった部分が意識されて、だんだん気がおかしくなりそうになって)

ああっ…たかはし、さん…そこ、だめっ奥まで…、く、るっ
(さっきまで口に咥えていたものに深い角度で抉られると、もうこらえきれず
髙橋さんの首に腕を巻き付かせながら、倒錯した快感を貪るように…淫らに動き始める)
ああっ、もっと…ください、っ

258 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 03:33:45.74 ID:Eq9MPEw40
美砂さんの口マンコとっても気持ち良いのに勿体無い事してますねぇ…
あれ?旦那さんの事話してたら締め付けが更に良くなりましたね
そんなに旦那さんが気になりますか?
(ワザと旦那を意識させて美砂の羞恥に歪む顔を楽しむ)
ココが良いんですか?
美砂さんのおまんこ私の一物専用に作り変えてあげますね?
(そう言って美砂の感じる角度を探りながらソコを重点的に責める)
美砂さんのおまんこ気持ち良いからそろそろ出ちゃいそうですよ…
中に出して良いですよね?
(そう言うといっそうピストンが早まっていく)
美砂さんの人妻マンコにたっぷり中出ししてあげますよ?
(一物が一番奥に届いた瞬間、ドクドクと大量の精液がおまんこの中に注がれていく)

259 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 03:48:04.12 ID:3WJkxNDM0
いや、ゆるして…主人の事は、いわないで…おねがい
(顔を両手で隠し、ふるふると首を振って、涙で上ずった声で訴えるが
言葉で責められる度にそこがきゅん、となり、身体が燃え上がるのがどうしようもなくて)

あっ、そ、そこああっだめぇ…深いっ、あ、あ、あっ…いっちゃう、みさ…い、きま…す、っ!
(今まで知らなかった部分を突きまくられ、せり上がる快感ももう限界で
夫だけのものだった身体を髙橋さんの前でのたうたせ、吐息全部で喘いで、
最奥を抉られながら、髙橋さんのものを根元から絞るように引き込むと、腰をもたげ…深い絶頂を迎える)
あ、ぁぁ……んっ

260 高橋 投稿日:2012/03/28(水) 04:00:02.62 ID:Eq9MPEw40
旦那さんがこの事知ったら…
どうなるんでしょうね…
ま、私は美砂さんとの関係が続けられればバラすなんて事はしませんけどね…
(一物を入れたまま座位で抱きしめる)
これからは毎日旦那さんが帰ってくるまでの間は美砂さんは私の物ですからね?
(そう言うと唇を重ねる)
それじゃあ、一緒に汗を流しますか…
旦那さんにバレるとマズイですしね…
(そう言って二人でシャワーを浴びる)

長時間ありがとうございました
機会があればまたお願いします
落ち

263 美砂 投稿日:2012/03/28(水) 04:15:38.19 ID:3WJkxNDM0
あっ、中では、だめ…っ…今危険な…ひ、
(繋がったまま力の抜けた身体を抱かれると、はっと気付いたように顔をあげるが)
…んっん、ちゅ
(また唇が重なると、睫毛を震わせ…おずおずと背中に手を回して広い胸を抱き寄せる)

じゃあ髙橋さん…も、私のもの、ですよ…?
(はじらいながら言うと、精悍な顔を見あげほほえんで)
(バスタオルを手渡すと同時に、背伸びをして太い首筋に吸い付き、小さな跡をつける)
また…明日、ね?

こちらこそ、遅くまでありがとうございました
お会いできたら、また可愛がって下さいね
おやすみなさい
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/04/13 02:30 ] 人妻 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。